大山加奈が敵わなかった妹の現在と若くしてバレーを辞めた理由は?『消えた天才』




まえがき

5月19日放送のTBS「消えた天才」(日曜後20:00~)は【大山加奈が敵わなかった!知られざる実の姉妹SP】です!

 

栗原恵さんと共に「メグカナ」の愛称で大ブレイクし、日本代表でも活躍した大山加奈さん!

 

大山さんには「常に目標であり憧れの存在」と語る“1歳下の妹”がいました!

 

妹の名は、大山未希さんといいます。

 

なので、大山姉妹の経歴と未希さんがバレーを若くして辞めた理由について気になって調べてみました。

 

みなさん一緒に確認していきましょう!

スポンサーリンク


 

 

 

5月19日放送のTBS「消えた天才」の内容?

引用元:tbs

 

5月19日放送のTBS「消えた天才」(日曜後20:00~)は【大山加奈が敵わなかった!知られざる実の姉妹SP】です!

 

栗原恵さんと共に「メグカナ」の愛称で大ブレイクし、日本代表でも活躍した大山加奈さん!

 

大山さんには「常に目標であり憧れの存在」と語る“1歳下の妹”がいました!

 

妹の名は、大山未希さんといいます。

 

小学校・中学校・高校と各世代で日本一となり、将来は日の丸を背負うと期待されたが、24歳の若さで突然バレーボールを辞める!?

 

一体何があったんでしょうか?

 

引用元:tbs

 

お姉さんの加奈さんも綺麗ですが、妹さんの未希さんも綺麗な方です。

 

ハーフのような顔立ちですが、ハーフではないみたいですね。

 

さぁ、調べてみますね。

 

 

大山加奈さんの妹は?

大山加奈さんの妹は、大山未希さんといいます。

 

小学校・中学校・高校と各世代で日本一となり、将来は日の丸を背負うと期待されたが、24歳の若さで突然バレーボールを辞めます。

 

どちらかと言うと、お姉さんにバレーを教えるぐらいバレーのセンスは抜群だったそうです。

 

ポジションは何をやっても上手にこなす。

 

 

 

スポンサーリンク


妹の未希さんがバレーを辞めた理由は?

バレーに関しては、ずっと順調にいって挫折を知らなかった未希さん。

 

高校を卒業して、Vリーグの名門チーム東レ・アローズに入ります。

 

入団当初より期待されて、注目の的でした。

 

当然、ゆくゆくは日本代表になるものと自他ともに思っていたと思います。

 

そんな未希さんでしたが、日本代表にはなかなか入れない状況に焦りを感じていたようです。

 

当時の日本代表のアタッカーは身長が185cmぐらいなんです。

 

お姉さんの加奈さんは187cmです。

 

未希さんは179cmで、少し身長が足りないんです。

 

そこで日本代表を目指すにはセッターに転向するしかないと考えたみたいです!

 

しかし、その決断はかなり辛いものだったようです。

 

なかなかいいトスが上がられず、メンバーにも嫌な顔をされることも多かったそうです。

 

そんな状況が続き、精神的にもかなり追い込まれたそうです。

 

それでも姉の加奈さんと一緒にコートに立つことを目標に頑張ります。

 

当時、加奈さんは腰を痛めて1年ぐらいリハビリの最中でした。

 

姉妹で一生懸命にお互いを支え合って目標実現に向けて練習したそうです。

 

それが実現するんです。

 

姉の加奈さんにトスを上げます!ちょっとネット寄り行ったボールを加奈さんが相手コートにうまく落とします。

 

確かにトスはイマイチでしたが、姉のために思いのこもったトスだったと振り返る大山加奈さん。

 

姉妹の絆を感じますね♪

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

大山未希さんのプロフィールは?

引用元:athlete-save

 

名前大山 未希(おおやま みき)
生年月日1985年10月3日
身長179cm
出身東京都江戸川区
出身校篠崎第五小 成徳学園中学校 下北沢成徳高校

 


 

  •  実姉の大山加奈がバレーボールを始めた影響を受け、小学1年生よりバレーボールを始める。ひまわりバレーボールクラブに所属。

 

  • 1997年、全日本バレーボール小学生大会(ライオンカップ)で優勝し全国制覇。

 

  • 1999年、全国都道府県対抗中学バレーボール大会 (さわやか杯)で優勝し全国制覇。

 

  • 全国高等学校バレーボール選抜優勝大会(春高バレー)優勝、インターハイベスト4、国体準優勝。

 

  • 日本代表選手としてアジアユース選手権に出場し準優勝。世界ユース選手権にも出場。

 

  • 2004年、Vリーグの名門チーム東レ・アローズに入団し所属。

 

  • 2006年、ポジションをセッターに転向する。

 

  • 2010年4月、2008年、2009年に続き、Vリーグ三連覇を成し遂げ、日本一になる。

 

  • 2010年5月末日、東レ・アローズを退団、ビーチバレーボール選手に転向。

 

  • 2015年、バレーボール選手、ビーチバレーボール選手として終止符を打ち、現役を引退。

 

 

 

 

大山未希さんの夫は?

2019年1月3日に小松大地さんと入籍したんですね!

 

ASJアスリートで知り合ったみたいです。

 

小松大地さんは、全日本ビーチハンドボール選手権で優勝するほどのアスリートです。

 

 

いまは幸せ一日のようです♪

 

 

大山加奈さんのプロフィールは?

引用元:lineblog

 

名前大山 加奈(おおやま かな)
生年月日1984年6月19日
身長187cm
出身東京都江戸川区
出身校篠崎第五小 成徳学園中学校 下北沢成徳高校

 


 

  • 小学校2年生よりひまわりバレーボールクラブでバレーボールを始める。

 

  • 全日本バレーボール小学生大会(ライオンカップ)で全国制覇を成し遂げた事によって、バレーの金の卵と注目される。

 

  • 下北沢成徳高校では、主将としてインターハイ・国体・春高バレーの3冠を達成し、小中高全ての年代で全国制覇。

 

  • 全国高等学校バレーボール選抜優勝大会(春高バレー)優勝、インターハイベスト4、国体準優勝。

 

  • 2001年に全日本代表に初選出され、翌2002年5月の日米対抗で代表デビュー。

 

  • 2003年開催のワールドカップでは栗原恵と共に『メグカナ』と呼ばれ、「19才コンビ」として注目を浴び大活躍を果たす。

 

  • 2004年、アテネオリンピック出場。

 

  • 2005年、持病である腰痛治療に専念するため、ワールドグランプリを欠場したが、同年11月開催のグラチャンで全日本代表に復帰。

 

  • 2008年、全日本代表候補選手に登録されたが、腰痛が回復せずに辞退。

 

  • 2010年6月、現役を引退し、東レ一般社員となる。

 

  • 2015年9月28日、一般男性と入籍。

 

 

 

まとめ

5月19日放送のTBS「消えた天才」(日曜後20:00~)は【大山加奈が敵わなかった!知られざる実の姉妹SP】です!

 

栗原恵さんと共に「メグカナ」の愛称で大ブレイクし、日本代表でも活躍した大山加奈さん!

 

大山さんには「常に目標であり憧れの存在」と語る“1歳下の妹”がいました!

 

妹の名は、大山未希さんといいます。

 

なので、大山姉妹の経歴と未希さんがバレーを若くして辞めた理由について気になって調べてみました。

 

妹の未希さんは、お姉さんと一緒に日本代表になることを目指しセッターに転向しました。

 

しかし、なかなか上手くいかなかった。

 

セッターはそう簡単なポジションではない、もちろんわかった上で決断したんでしょう。

 

セッターに挑戦しなければ日本代表になるチャンスはないと。

 

未希さんにとってはじめての挫折なんです。

 

多分器用で今までは何でも上手くできた未希さんにはできると思ったんでしょうね。

 

お姉さんの加奈さんも腰痛で苦しんでなかなか本調子が出せなかった。

 

長身の選手に多いですね。

 

狩野選手もそうでした!

 

今は姉妹でバレーボール教室を開いているらしいです。

 

今後もご活躍を期待しております!

 

狩野舞子 現在の彼氏は?美人の彼女が「2018世界バレー」を解説!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です