小松原学 稲本・中澤が大絶賛の幻の天才ストライカーは誰?【消えた天才】




まえがき

8月25日放送のTBSのドキュメントバラエティー「消えた天才」(日曜後6・30)に 【大記録を打ち立てた天才 大追跡SPです!

 

稲本潤一・中澤佑二が大絶賛!日韓W杯で活躍するはずだった幻の天才ストライカーがいたそうです!?

 

その名は、小松原学さんです。

 

なので、小松原学さんのプロフィールと現在について気になって調べてみました。

 

みなさん一緒に確認していきましょう!

スポンサーリンク


 

 

 

8月25日放送のTBS「消えた天才」の内容?

引用元:tbs

8月25日放送のTBSのドキュメントバラエティー「消えた天才」(日曜後6・30)に 【大記録を打ち立てた天才 大追跡SPです!

 

稲本潤一・中澤佑二が大絶賛!日韓W杯で活躍するはずだった幻の天才ストライカーがいたそうです!?

 

その名は、小松原学さんです。

 

サッカー元日本代表の稲本潤一さんが、2002年に開催されたサッカー日韓ワールドカップで活躍するはずだった天才ストライカーと語る。

 

 

稲本さんをはじめ、小野伸二、遠藤保仁、小笠原満男、中田浩二、高原直泰らの“黄金世代”がひしめく中、小松原さんは飛び級でU―18日本代表に選出されます。

 

 

  • 「ゴールへの嗅覚がものすごかった」

 

  • 「W杯に出るイメージはあった」

 

 

と稲本さんが語るように、圧倒的な存在感を発揮し当時の高校選抜相手にゴールを決めています。

 

元プロサッカー選手の中沢佑二さんは、黄金世代の中での飛び級の代表選出について、「考えられない」と語る。

 

「天才中の天才だと思う。間違いない」と、その才能と能力を絶賛します。

 

中沢さんが言うと、説得力がありますね!

 

 

 

 

小松原学選手のJデビュー戦は?

小松原学選手のJデビュー戦です。

 

あまり小松原さんの映像が残ってないですね。

 

 

 

 

小松原学さんが野球を辞めた理由は?

当時の最年少記録となる異例の速さでJリーグデビューを果たし、1年目から活躍します。

 

だれもがチームの主力となっていくプレイヤーになると思っていた。

 

ところが、小松原さんは、W杯の前年のJリーグには5試合しか出場しなかった。

 

その後、小松原さんは、代表に招集されることのないまま22歳の若さで表舞台から姿を消すことに!?

 

「まいったな~、ヤバイ」と負の連鎖!?

 

「死ぬしかない…」

 

とまで思ってしまったらしいんです。

 

若さゆえの悩みを、赤裸々に本音で語っれくれます。

 

いくら実力があって、成果も出している天才のようなすごい選手でも、それなりに悩み苦しんでいることがわかります。

 

詳しくは番組で確認するしかないですね!

 

中沢さんが、群馬の小松原さんを訪ねます。

 

22歳でJリーグから姿を消した理由は?

 

中田英寿選手がイタリア・セリエAのペルージャに移籍。

 

主力選手がどんどん抜けて、小松原選手がいきなりチームを背負って立つように期待されたそうです。

 

ベルマーレ平塚は最下位に!

 

チームを立て直してくれという、周りの期待に応えようとしたらしい。

 

足に痛みを抱えながら試合に出ていた小松原さん。

 

ジョーンズ骨折を患って、左右の足を交互に痛めたらしい。

 

ケガが原因だったんですね。

 

小松原学さんの現在は?

現役引退後は、柔道整復師、鍼灸按摩マッサージ指圧師の資格を取得して、鍼灸院も開業しています。

 

2010年からは、Jeoサッカークリニックを立ち上げ、代表兼監督、柔道整復師、鍼灸あん摩マッサージ師として小学生、中学生を対象とした青少年育成をメインに考えたサッカー指導を行っているそうです。

 

 

スポーツの現場で使える!キネシオロジーテープの貼り方 「シンスプリント」 【テーピング】

 

一般社団法人Jリーグ選手OB会理事もされています。

 


スポンサーリンク


小松原学さんのプロフィールは?

引用元:lineblog

名前小松原 学(こまつばら まなぶ)
生年月日1981年4月2日
出身地群馬県
出身校平塚学園高校
所属元ベルマーレ平塚

 

  • ベルマーレ平塚ユース(平塚学園高校)

 

  • 1998年-2001年 ベルマーレ平塚/湘南ベルマーレ

 

  • 2002年-2003年 ヴァンフォーレ甲府

 

  • 2003年 FC湘南大磯

 

  • 2004年-2005年 群馬FCホリコシ

 

  • 2011年-2013年 渋川FCハヤブサイレブン

 

  • 2016年 ブランデュー弘前FC

 

  • 2010年より、Jeoサッカークリニックを立ち上げる。

 

  • 2012年、Pass鍼灸整骨院を開院。

 

  • 2017年、プレミアリーグU11群馬の立ち上げ運営に尽力、代表を務めている。

 

 

 

「稲本・中澤が絶賛の天才が消えた理由は?」について一般のコメントは?

「天才」論争はここでは置いて「すごい選手」だったということで楽しみましょう。

 

なぜすごい選手がサッカーを辞めることになって、どんな人生を歩んでいるのかが面白いんだと思ってます。

 

A さん
稲本や、パルマ以降の中田、大黒、柳沢、など海外での生活期間に比べて出場時間がかなり短い選手が早く見切りつけて、ちゃんとJに帰ってきてフル稼働してたらどうなってたか。

 

B さん
消えてはいないけど、宮市亮も天才だった!怪我で苦しんでいるけど、腐らずに戻って来ない!彼には頑張って欲しい!

 

Cさん
この天才ストライカーとは違う天才で上の世代だけど、礒貝洋光氏は、一緒にプレーした一流選手から常に天才と呼ばれていました。高校時代から天才プレーで、ピークは大学3年時位でしたが、常に最適選択したプレー、コーナーでボールを保持して止まっている状態でも打開する術を持っていました。29歳迄のJリーガー時代は、故障との闘いで本来の輝きは、あまり無かったですが。

 

D さん
毎週、天才がどんどん放送されてて正直 価値が薄れてきてる感じ

 

Eさん
現在群馬でご活躍されてる小松原学選手ですね。

 

 

まとめ

8月25日放送のTBSのドキュメントバラエティー「消えた天才」(日曜後6・30)に 【大記録を打ち立てた天才 大追跡SPです!

 

稲本潤一・中澤佑二が大絶賛!日韓W杯で活躍するはずだった幻の天才ストライカーがいたそうです!?

 

その名は、小松原学さんです。

 

なので、小松原学さんのプロフィールと現在について気になって調べてみました。

 

現役引退後は、整復師として活動されてましたが、現在は一般社団法人Jリーグ選手OB会理事、Rafagaフットボールクラブ代表などサッカーとの関わっております。

 

詳しくは番組で確認するしかないですね。

 

今後もご活躍を期待しております!

 

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です