石井章夫 古田敦也が絶対に勝てなかった天才キャッチャーは?【消えた天才】




まえがき

7月28日放送のTBS「消えた天才」(日曜後18:30~)は【古田敦也が絶対に勝てなかった天才キャッチャー】です!

 

盗塁阻止率プロ野球史上No,1の強肩を誇る古田さんが衝撃を受けたと語る、 天才キャッチャーとは?

 

その天才キャッチャーとは、石井章夫さんです!

 

なので、石井章夫さんのプロフィールと現在について気になって調べてみました。

 

みなさん一緒に確認していきましょう!

スポンサーリンク


 

 

 

7月28日放送のTBS「消えた天才」の内容?

引用元:tbs

 

7月28日放送のTBS「消えた天才」(日曜後18:30~)は【古田敦也が絶対に勝てなかった天才キャッチャー】です!

 

盗塁阻止率プロ野球史上No,1の強肩を誇る古田さんが衝撃を受けたと語る、 天才キャッチャーとは?

 

その天才キャッチャーとは、石井章夫さんです!

 

しかし、石井さんはなぜかプロに進まなかったのか?

 

明かされる真相、衝撃のラストとは?

 

 

石井章夫さんがプロを断った理由は?

1986年のドラフト会議で横浜大洋ホエールズから2位指名を受けます!

 

しかし、父を早く亡くしていたという家庭環境からプロ入りを拒否します。

 

シングルマザーのお母さんが大変なのを知っていて、弟の面倒を見るのは章夫さんの役目だったんだとか。

 

7歳離れた弟のことが心配だったみたいです。

 

プロを蹴ったことで、結構バッシングされたようです。

 

 

石井章夫さんの現在は?

社会人野球日本代表監督をされています!

 

 

 

高校野球の解説をすることもあるみたいですね。

 

 

 

スポンサーリンク


石井章夫さんのプロフィールは?

引用元:twitter

名前石井 章夫(いしい あきお)
生年月日1964年9月30日
出身地神奈川県綾瀬市
出身校桐蔭学園高等学校 慶應義塾大学
所属東京ガス

 

 

  • 、東京六大学リーグ通算60試合出場、199打数45安打、打率.226、3本塁打、15打点。

 

  • 1986年のドラフト会議で横浜大洋ホエールズから2位指名を受けるも、プロ入りを拒否し東京ガスに入社。

 

  • 東京ガス野球部で正捕手として12年間にわたってプレー。

 

  • 2003年からは3シーズンにわたって監督を務める。

 

  • 2017年2月、社会人野球日本代表監督に選出される。

 

 

 

石井章夫さんの家族は?

石井章夫さんの弟は、元西武ライオンズの石井貴さんです。

 

2004年の日本シリーズではMVPを受賞しています。

 

現在は、東北楽天ゴールデンイーグルス2軍コーチをしています。

 

 

 

「古田敦也が負けを認めた天才キャッチャー」について一般のコメントは?

いろんな見方があるみたいですね~

 

 

A さん
結果的に大洋は後年、谷繁を指名し、ベイスターズの正捕手となっていく。石井章夫が拒否してなきゃ、谷繁の野球人生も違ったモノになっていたのか、は興味深い。

 

B さん
慶應の石井やな。
そんなにすごい選手という認識がなかった。

 

Cさん
これは興味深い、、
球界を代表するキャッチャーの古田さんが負けを認めたって。

 

D さん
古田は天才型ではなく努力型だったんだな。しかもてっぺんを取らなくてはならないと必死に努力した程。運命の出会いだったのだな。

 

Eさん
章夫氏なら、納得です。 人間性、人格者、真面目な方、だからこそプロ入り拒否された、 ただ、今も活躍されておりますのでプロ入り拒否でもよかったかと思います。 ライオンズの貴氏より地元ではカリスマがありました。もともとピッチャーですごかった。 大学時代の矢のような早急はマジですごかった。 貴氏がここまでなるとは地元の人間は思いましませんでした。 兄章夫氏は伝説の野球人でした。 皆さまも、会って話をしたらわかります。貴氏も荒っぽい感じがありますが、本当は根が優しい、いい人間です。 石井兄弟頑張れ! 章夫氏なら。

 

 

まとめ

7月28日放送のTBS「消えた天才」(日曜後18:30~)は【古田敦也が絶対に勝てなかった天才キャッチャー】です!

 

盗塁阻止率プロ野球史上No,1の強肩を誇る古田さんが衝撃を受けたと語る、 天才キャッチャーとは?

 

その天才キャッチャーとは、石井章夫さんです!

 

なので、石井章夫さんのプロフィールと現在について気になって調べてみました。

 

プロ野球は断りましたが、社会人野球日本代表監督をされている石井章夫さん。

 

弟の面倒見なければならない家庭環境が原因だったみたいです。

 

その弟が西武ライオンズの投手だった石井貴さんです!

 

自分がなしえなかったプロ野球選手になった弟が誇りだそうです。

 

モヤモヤしたものがスッキリしたそうです♪

 

今後もご活躍を期待しております!

 

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です