渡辺正昭の過去の騒動は?パワハラで日体大駅伝監督を解任!




まえがき

日体大は9月12日、パワハラ報道のあった陸上競技部駅伝ブロックの渡辺正昭駅伝監督を解任することを発表した!

 

またパワハラ!?という方も多いかもしれませんね。

 

なので、渡辺正昭駅伝監督の経歴や過去の騒動ついて気になって調べてみました。

 

みなさん一緒に確認していきましょう!

 

スポンサーリンク


 

 

パワハラ報道の日体大・渡辺駅伝監督解任!

日体大は9月12日、パワハラ報道のあった陸上競技部駅伝ブロックの渡辺正昭駅伝監督を解任することを発表したね。

 

引用元:Yahoo!ニュース

 

 

学友会などによる部員5人、元部員1人への聞き取り調査をおこなっらそうです。

 

「足を蹴る」

 

「胸ぐらをつかむ」

 

といった暴力行為や言葉の暴力や人格を否定するような発言に相当する言動も報告複数報告されたそうです。

 

渡辺監督は内容を認めたが、パワハラに該当するとの認識を持っていなかったみたいです。

 

渡辺監督から辞任願が提出される。

 

しかし、9月11日に陸上競技部は「学生指導の適性に欠ける」などと判断、部長名で解任することを決定したそうです。

 

 

 

 

 

渡辺監督の過去の騒動は?

渡辺監督は1993年に愛知県立豊川工高に赴任したが、2013年に体罰騒動で退職してます。

 

愛知県教育委員会の調査によると、豊川工高陸上部の渡辺監督(当時)による体罰は2008~12年度に33件あったんです。結局、停職4か月の懲戒処分を受けました。

 

一方で強豪校に育て上げた実績を評価した同校PTA関係者から指導継続を求める約3万8000人分の署名が集められたんですね。

 

当時の印象としては、騒動も一部の生徒と親が騒いだためにいい監督なのに辞めざるを得なくなったのかなぁ?と感じてました。

 

その当時のインタビューには体罰をしたことについて、ものすごく反省してる様子でしたね。

 

それがなぜ?

 

 

渡辺監督が日体大駅伝部監督に!

東京都大田区にある日体荏原高の保健体育教諭を経て、2015年から母校・日体大の駅伝部監督に就任。

 

渡辺監督が就任してから、箱根駅伝では就任後3年連続でシード権を獲得していました。

 

確かに実績は上げる方のようですね。

 

でもその裏にはかなりきつい体罰や罵声、人格否定などのパワハラがあったようです。

 

実績を上げるにはパワハラは手っ取り早い手法なんだと思いますね。

 

就任後すぐ結果が出てますから、状況を知らなければまたすごい監督なんだという評価が上がります。

 

暴力なしに実績を上げる方法はないのでしょうか?

 

企業秘密のようになってるんですかね?

 

暴力を使わない選手育成方法を共有してもいいと思います。

 

スポンサーリンク


 

 

 

「パワハラ報道の日体大・渡辺駅伝監督解任!」について一般のコメントは?

大学も監督も実績を上げたいために人権は無視のようです!

 

 

A さん
暴力指導者を生み出さない教育をするのが日体大の使命だと思う。

 

B さん
残念ながらスポーツの世界にはどこでもあると思います。

 

Cさん
暴力事件で退任した高校の指導者を、卒業した大学が大学の指導者に拾い上げたというのはパワハラより実績が大事ということ。

 

D さん
豊川工業高校時代にあれだけ問題を起こした監督なのになぜ招聘したか理解ができないです。

 

Eさん
山中という最上級の逸材を潰した責任は?

 

 

 

まとめ

日体大は9月12日、パワハラ報道のあった陸上競技部駅伝ブロックの渡辺正昭駅伝監督を解任することを発表した!

 

またパワハラ!?という方も多いかもしれませんね。

 

なので、渡辺正昭駅伝監督の経歴や過去の騒動ついて気になって調べてみました。

 

何年かしてまたひょっこりどっかで監督をやってるなんてことも?

 

スポーツ界のみならず日本の伝統・文化が問われてる感じがしますね。

 

選手のみなさんには活躍を期待したいですね♪

 

 

 

 

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です