東根作寿英の経歴と役柄は?名バイプレーヤーが【アンサング・シンデレラ】に出演!




まえがき

9月3日のフジテレビ系ドラマ「アンサング・シンデレラ 」が、、もう第8話ですね!

 

今回のテーマは在宅医療のようです。

 

『笹の葉調剤薬局』の代表・仁科敦夫を演じるのが俳優・東根作寿英さんです。

 

今回は、東根作寿英さんの経歴や出演作などについて気になって調べてみました。

 

みなさん一緒に確認していきましょう!

 

スポンサーリンク


 

 

9月3日、ドラマ「アンサング・シンデレラ 」第8話の番組内容は?

9月3日のフジテレビ系ドラマ「アンサング・シンデレラ 」が、、もう第8話ですね!

 

今回のテーマは在宅医療のようです。

 

ドラマを通じて色々勉強になります♬

 

 

今回は、ゲストに俳優の東根作寿英さんが登場します!

 

東根作寿英さんについて気になったので調べてみました。

 

 

東根作寿英さんの役柄は?

 

 

 

東根作さんが演じるのは、『笹の葉調剤薬局』の代表・仁科敦夫(にしな・あつお)。

 

『笹の葉調剤薬局』は在宅医療に特化した薬局で、在宅医療を学ぶためにやってきた、みどり(石原さとみさん)と小野塚(成田凌さん)を連れて、さまざまな患者の家を回りながら、仕事を説明しるらしいです。

 

なかなか在宅医療に特化した薬局とは?

 

なかなか興味深い内容ですね。

 

 

 

 

スポンサーリンク


東根作寿英さんのプロフィール

 

名前東根作 寿英(とねさく としひで)
生年月日1972年4月3日
出身地神奈川県
身長173cm
血液型O型
出身校法政大学社会学部
所属アミューズ

 


 

  • 1988年、オーディション企画『アミューズ・10ムービーズオーディション』に合格。

 

  • 1989年、『ときめき宣言』への出演で役者デビュー。

 

  • 1996年、映画『人間の翼 最後のキャッチボール』では、主演を務める。

 

  • 2010年、NHK大河ドラマ『龍馬伝』 – 近江屋新助。

 

  • 2018年、『グッド・ドクター』(フジテレビ) – 盛岡豊。

 

  • 2019年、『集団左遷!!』(TBS) – 稲葉勝。

 

  • 2019年、『ラジエーションハウス』(フジテレビ) – 伊藤医師。

 

 

東根作さんは、1988年のデビュー以来、ドラマ出演本数は175本以上で、ドラマ・舞台・映画に欠かせない名バイプレーヤーとして活躍中です。

 

 

 

 

 

東根作寿英さんのSNSは?

東根作寿英さんのイメージと言えば、こんな感じです!

 

 

平凡で気弱だが善良な役や少々非常識な御曹司という役が定番だとか。

 

笑顔が印象的ですね♬

 

ネコが度々登場します。

 

猫がお好きなんでしょうね♪

 

 

 

東根作寿英さんの最近の出演作は?

バイプレーヤーとして大忙しの東根作さん!

 

いろんなドラマに出演されてますね~

 

今野敏サスペンス「機捜235」に出演!

 

 

「未満警察 ミッドナイトランナー」第一話に出演!

 

 

 

まとめ

9月3日のフジテレビ系ドラマ「アンサング・シンデレラ 」が、、もう第8話ですね!

 

今回のテーマは在宅医療のようです。

 

『笹の葉調剤薬局』の代表・仁科敦夫を演じるのが俳優・東根作寿英さんです。

 

今回は、東根作寿英さんの経歴や出演作などについて気になって調べてみました。

 

正直、お顔を見れば「あの人!」となるんですが、お名前が出てきませんww

 

東根作 寿英(とねさく としひで)さんと読むんですね。

 

福山雅治さんと同期だそうで仲がいいそうです!

 

福山さんのドラマにも必ずと言っていいほど出演されてますもんね。

 

改めて主役だけではドラマは出来ないことを感じさせてくれます。

 

番組の内容も「在宅医療」がテーマで、とても興味深い内容です♪

 

今後もご活躍を期待しております!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です