上野耕平 サックスで演奏するクラシックとは?「情熱大陸」に出演!

まえがき

他の誰も真似の出来ない音色で「クラシック」を奏でるサックス奏者として注目を集めている上野耕平さんが、9月16日のドキュメンタリー番組「情熱大陸」(TBS系)に出演!

他の誰も真似の出来ない音色で「クラシック」を奏でるサックスってどんな感じなんでしょう?

なので、上野耕平さんの経歴やプロフィールと独特の演奏が気になって調べてみました。

みなさん一緒に確認していきましょう!

スポンサーリンク


上野耕平さんが「情熱大陸」に出演!

サックスといえば、ジャズや吹奏楽を思い浮かべる方が多いですよね。

そのイメージを根底から覆し、他の誰も真似の出来ない音色で「クラシック」を奏でるサックスだそうです。

あんまりサックスにクラシックのイメージはないですよね。

ジャズやヒュージョンでしょう。

バッハをサックスで演奏する上野さんです。

確かに今までにないバッハの演奏ですね。本当にサックスで吹いてるの?

チェロのような響ですね♪

上野耕平さんの独特の音色はどこから生まれたの?

通知表は「オール1」!?

中学の頃は、とにかくやんちゃな生徒だったそうです。反抗期だったんでしょうね。

でもサックスの練習は続けたそうです。やっぱり好きだったんですね。

顔だけを見ると、お金持ちのボンボンのような感じですが、荒々しい部分も持ち合わせてるみたいです。

組織に所属するのではなく一匹狼的な性格のようで、音楽にも一人で向き合ったそうです。

それが独特のサックスの音色を生み出したのでしょうか?

バッハはど定番の音楽で数々の名演奏家が奏でてます。それでも挑戦する気合もすごいです!

スポンサーリンク


上野耕平さんのプロフィール

引用元:Twitter

名前 上野 耕平(うえの こうへい)

生年 1992年

出身 茨城県那珂郡東海村

出身校 茨城県立中央高等学校 東京藝術大学音楽学部器楽科卒業。

所属 日本コロムビア


  • 2006年 第7回日本ジュニア管弦打楽器コンクール サクソフォン部門<小・中学生コース>金賞 (中学1年生)

  • 2009年 第12回ジュニアサクソフォンコンクール優勝 (高校1年生)

  • 2009年 第7回 日本ジュニア管打楽器コンクール金賞

  • 第28回日本管打楽器コンクールサクソフォン部門、第1位(史上最年少)。特別大賞(内閣総理大臣賞、文部科学大臣賞、東京都知事賞)受賞

  • 2014年11月 第6回アドルフ・サックス国際コンクール(ベルギー・ディナン)、第2位を受賞

  • 2017年度 出光音楽賞受賞

とにかくサックスに関しては賞を総なめのようですね。

まとめ

他の誰も真似の出来ない音色で「クラシック」を奏でるサックス奏者として注目を集めている上野耕平さんが、9月16日のドキュメンタリー番組「情熱大陸」(TBS系)に出演!

他の誰も真似の出来ない音色で「クラシック」を奏でるサックスってどんな感じなんでしょう?

なので、上野耕平さんの経歴やプロフィールと独特の演奏が気になって調べてみました。

いろんなジャンルにチャレンジしてほしいですね。

今後のご活躍を期待しております♪

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク