田中彩子の経歴と不思議キャラとは?100年に1人の天才ソプラノ歌手!『今夜ウドウ会』




まえがき

3月25日(月)「今夜ウドウ会」に天才ソプラノ歌手・田中彩子さんが登場です!

 

オペラの本場、ヨーロッパで次々と大役を務め、その歌声は世界で大絶賛!

 

その美しい外見とは裏腹にキャラは、不思議系のようです!?

 

なので、田中彩子さんの経歴、不思議キャラ、インスタについて気になって調べてみました。

 

みなさん一緒に確認していきましょう!

 

スポンサーリンク


 

 

 

3月25日の「今夜ウドウ会」の内容は?

3月25日(月)「今夜ウドウ会」に天才ソプラノ歌手・田中彩子さんが登場です!

 

 

オペラの本場、ヨーロッパで次々と大役を務め、その歌声は世界で大絶賛されている。

 

世界でもわずかなソプラノ歌手しか出せない、超高音域の発声技術、ハイコロラトゥーラの持ち主だ!

 

その美しい外見とは裏腹の、不思議キャラに有働もタジタジ

 

高い声の出すための「謎の練習」も実践。有働は、どこまで高い声が出せるようになるか!?

 

意外にしゃべる声はおもしろいトーンですね。

 

東北訛りのような喋りなんです!?

 

意外な展開ですねw

 

「春の声」(ヨハン・シュトラウス)を歌っていただきました♪

 

いきなり別人のようになりますね!

 

素晴らしい歌声です♪

 

田中彩子の歌声は

オペラの本場、ヨーロッパで次々と大役を務め、その歌声は世界で大絶賛です!

 

つい最近もシーズン最優秀公演賞受賞しました♪

 

世界でもわずかなソプラノ歌手しか出せない、超高音域の発声技術、ハイコロラトゥーラの持ち主だそうです。

 

コロラトゥーラ(イタリア語: coloratura)は、クラシック音楽の歌曲やオペラにおいて、速いフレーズの中に装飾を施し、華やかにしている音節のこと。具体的にはトリルが多用される。

これが使われている曲の中で特に有名なものとしては、モーツァルトの歌劇『魔笛』における第2幕の夜の女王(ソプラノ)によるアリア「復讐の炎は地獄のように我が心に燃え」がある。ロッシーニの歌劇『セビリアの理髪師』第1幕第2場でロジーナ(メゾ・ソプラノ)が歌う「今の歌声は (Una voce poco fa) 」も有名。

引用元:Wikipedia

 

解説を読んでもよくわかりませんが、とにかく素晴らしい歌声の持ち主ということです!

 

番組では、有働さんに高い声の出すための「謎の練習」も実践してくれるそうです。

 

有働さんは高い声が出るでしょうか?

 

まぁ、特に有働さんの高い声には興味ないですが…。

 

田中さんの練習方法が特別なんですかね!?

 

オペラ歌手を目指している方にはヒントになるかもしれませんね♪

 

 

田中彩子さんのインスタは?

シーズン最優秀公演賞受賞したそうです!

 

 

 

View this post on Instagram

 

. With Intendant after Concert. . シーズン最優秀公演賞受賞後の写真📷 #memorypic .

Ayako Tanaka 田中彩子さん(@ayakotanaka_instaofficial)がシェアした投稿 –

 

素敵な写真ですね!

 

流れ星が線のように写ってます!

 

どこで撮ったんでしょうね?

 

 

View this post on Instagram

 

📷🌟 @ilkoallexandroff #ayakotanaka

Ayako Tanaka 田中彩子さん(@ayakotanaka_instaofficial)がシェアした投稿 –

 

ソプラノ歌手のイメージにピッタリです!

 

あまりに完璧で、揃い過ぎに思いますw

 

見かけによらず天然な不思議キャラだとか?

 

番組で確認してみますね!

 

田中彩子さんは不思議キャラ!?

見た目は完璧で、非の打ち所がない女性ですね!

 

どんな完璧な女性でも、人間ですからどこか弱点があるはずです!?

 

ちょっと不思議系のキャラのようですねw

 

天才ヴァイオリニストの木嶋真優さんも面白いキャラで大好きです!

 

一旦ヴァイオリンを弾きだすと別人に変わるんです。

 

まさに天才キャラです♪

 

田中彩子さんもそんな天才キャラなんでしょうか?

 

番組が楽しみですね!

 

喋りがおもしろいんですw

 

意外に親しみがある方ですね~

 

 

スポンサーリンク


 

田中彩子さんのプロフィール

引用元:instagram

名前田中 彩子(たなか あやこ)
生年月日1984年2月23日
出身地京都府

 


 

  • 10代から単身ウィーンにて声楽を学ぶ。

 

  • 日本史上最年少の22歳でスイスのベルン市立劇場にて、ダニエル・インバル指揮のフィガロの結婚でソリストデビューを飾る。

 

  • 2011年、マーラー没後100周年、ドイツ・ルーマニア合同音楽フェスティバルにて、『天上の生活』のソプラノ・ソリストで出演。

 

  • 2012年 – 2014年、オーストリア政府公認スポンサーの下行われたオペラ魔笛のオーストリアツアーにて、夜の女王役で全公演出演。

 

  • 2017年 、ブエノス・アイレスにある南米最高峰のコンサートホールで、「コロラトゥーラ・ソプラノとオーケストラのための5つの連作歌曲」を世界初演のソリストを務める。

 

  • 2018年、パリ・ルーブル美術館にて日仏友好160周年・京都・パリ友情盟約終結60周年を記念した式典にてソリスト出演。

 

 

 

田中彩子さんの歌声は?

専門的なことはわかりませんが、繊細ながらも高音がよく通っている感じです。

 

堂々とした雰囲気が凛として素晴らしいですね♪

 

 

誰もが知っている「エーデルワイス」をきれいな歌声で歌い上げます。

 

美貌にも目がいってしましますね。

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ

3月25日(月)「今夜ウドウ会」に天才ソプラノ歌手・田中彩子さんが登場です!

 

オペラの本場、ヨーロッパで次々と大役を務め、その歌声は世界で大絶賛さてれているそうです。

 

その美しい外見とは裏腹にキャラは、不思議きゃらなんだとか。

 

音楽家には意外に不思議系の性格の方が多いんですよね。

 

やはり天才は常人からすると理解するのが難しいですから。

 

そんな天然なところは番組を視るしかないですね。

 

音楽の才能と美貌を兼ね備えた完璧なソプラノ歌手です!

 

詳しくは番組で確認しましょう!

 

今後もご活躍を期待しております♪






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です