月亭方正の嫁は?山崎邦正から落語家へ転身10年 本出版♪




まえがき

今回は、お笑い芸人で落語家の月亭方正さんが本を

出版したそうです!タイトルは

『落語は素晴らしい ~噺家10年、根多〈ネタ〉が

教えてくれた人生の教え~』の本の内容や

月亭方正さんの嫁さんについて気になって調べてみました。

みなさん一緒に確認していきましょう!

 

スポンサーリンク


 

 

『落語は素晴らしい ~噺家10年、根多〈ネタ〉が教えてくれた人生の教え~』(ヨシモトブックス)を出版

山崎邦正さん、いや月亭方正さんらしからぬいい話のようですw

妻への感謝の言葉が散りばめられてそうです。

日本テレビの「ガキ使」で視ることが多いのですが、

イメージが違いますね。

 

 

 

月亭方正 落語家転身で収入半減、妻と夫婦喧嘩1年半続いた

08年にお笑い芸人から落語家へと転身し10年を迎えた月亭方正(50)。10周年を機に『落語は素晴らしい ~噺家10年、根多〈ネタ〉が教えてくれた人生の教え~』(ヨシモトブックス)も出版。50人集めるのがやっとだった観客も、独演会で800席を満席にするほどの人気となっている。

引用元:Yahoo!ニュース

 

噺家になって、もう10年になるんですね。

最初はネタかと思いましたが、

なんとか続いてたんですね♪

チャランポランなイメージですが、

やはり一流?お笑い芸人は違います。

見えないところで努力してるんですね。

 

 

「芸人時代は僕が飲む・打つ・買うの生活に溺れていても、黙っていてくれていたんです。僕が苦しんでいると、嫁も察してくれていたみたいです。でも落語家になってから1年半は夫婦喧嘩の嵐。急に飲む・打つ・買うの生活に文句を言うようになってきて。今思うと嫁も僕のことが心配で必死だったんだと思います。本気で落語家になろうとするなら、遊ぶことなく打ち込んで欲しいと。お陰で僕も更生できましたから、本当に感謝しています」

引用元:Yahoo!ニュース

 

「飲む・打つ・買う」はまずいです!

でも更生したんですねw

 

「仲直りした後、将来の夢を語ったんです。『僕が落語家として大成して全国を回れるようになったとき、お前が三味線で出囃子でも弾けたら……。年を取っても、2人で全国を回れるからええな』と。すると、それをきっかけに嫁は三味線を習い始めたんです」

引用元:Yahoo!ニュース

 

奥さんは三味線はもう辞めて、カードで散財が趣味だそうです!

一時は収入も半減して大変でしたが、ちょっと安心したみたいですw

けっこう真面目な本のようです。

売れるかが心配です?

ところで奥さんはどんな人か気になりますね。

 

 

月亭方正さんのお嫁さんは?

引用元:YouTube

2001年に11歳年下の井藤亜耶さんと結婚しました。

方正さんが33歳、亜耶さんはまだ22歳の

できちゃった婚でした♪

 

なかなか美人ですね。

方正さんの一目惚れだったそうです。

遊び人の方正さんによく我慢して

連れ添ってきましたね?

 

普通だったら別れてもおかしくない状況だったと思いますが、

やはり方正さんの芸に対する直向きな姿勢は理解してたのでは?

落語家10周年ですから、見直したかたも多いと思います。

今後も期待できそうですね。

 

 

月亭方正さんのプロフィール

 

引用元:twitter

名前 月亭 方正(つきてい ほうせい)

本名 山崎邦正

生年月日 1968年2月15日(50歳)

出身 兵庫県西宮市

出身校 立正大学心理学部

所属 よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪本部


 

NSC6期生です。

立正大学大学院心理学研究科修士課程は中退したそうですが、

もともと大学院まで進むとは探究心は強いみたいですね。

 

  • 1989年、コンビ「TEAM-0」で東京進出。(1993年に解散)
  • 1990年、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』に2回目から出演、レギュラーとなる。
  • 2008年、月亭方正を名乗り落語家となる。
  • 2013年からは芸名を「山崎邦正」から「月亭方正」に一本化する。

 

スポンサーリンク


落語家になったきっかけは?

40歳になった頃、芸風に悩む。

正直、悩んでる感がありましたねw

なぜか東野幸治さんに相談したところ、

古典落語を勧められたそうです。

当初、本人はその気はなかったみたいですが、

桂枝雀師匠の「高津の富」を聴いて開眼したそうです。

てっきり浜ちゃんか松ちゃんに勧められたのかと

思ってました。

それだとネタになってしまいますもんねw

 

 

月亭方正 落語家転身!」について一般のコメントは?

私も「山崎邦正」のほうがしっくりくるほうですw

「ガキ使」に出てるうちは安泰ですね♪

落語家として大成することを期待してます!

 

A さん
飲むはいいけど、打つと買うはダメなのでは?

 

B さん
大したもんです。
この歳で本気になれる事を見つけるのは難しいですよね。
噺家で大成して欲しいです。

 

Cさん
落語家に転身するのは勇気いること
素晴らしい行動力やと思う
ただ、未だに月亭より山崎の方がしっくり来るのは俺だけなんかな(笑

 

D さん
ガキ使が終わった後に聞きたかった話ね。

 

Eさん
何年か前の笑ってはいけないで、子供から手紙が来て、
パパ、落語に出会えて良かったね。
って。
笑ってはいけないのに泣いた。

 

出典元:Yahoo!ニュース

 

 

まとめ

今回は、お笑い芸人で落語家の月亭方正さんの本

『落語は素晴らしい ~噺家10年、根多〈ネタ〉が教えてくれた人生の教え~』

が、どんな内容か気になって調べてみました。

奥さんがしっかりした方のようで安心しましたw

今後もご活躍を期待しております!

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です