懲役18年 あおり運転は減るか?石橋被告に危険運転致死罪を適用!




まえがき

東名高速で昨年6月、あおり運転で夫婦が死亡した事故で、自動車運転処罰法違反などの罪に問われた石橋和歩被告の裁判で、危険運転致死傷罪の適用を認め.懲役18年を言い渡した。

 

求刑23年からは軽くなりましたが危険運転致死傷罪が適用されました!

 

なので、裁判の内容と今後について気になったので調べてみました。

 

みなさん一緒に確認していきましょう!

 

スポンサーリンク


 

 

 

東名あおりで石橋被告に懲役18年 危険運転致死傷罪を適用!

神奈川県大井町の東名高速で昨年6月、あおり運転で停車させられたワゴン車が後続のトラックに追突されて夫婦が死亡した事故の裁判の結果が出ましたね。

 

自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪に問われた石橋和歩被告の裁判員裁判で、横浜地裁は危険運転致死傷罪の適用を認め、懲役18年を言い渡した!

 

裁判の大きな争点は、停車後の事故に危険運転致死傷罪を適用できるかどうかでした。

 

検察側は、「高速道路上では停車させただけで危険で、被告による停車行為は危険運転の要件に該当する」と述べました。

 

「仮に停車行為を危険運転に含まなくても、停車させるまで繰り返した妨害運転は危険運転に該当する」と主張しました。

 

「事故は被告の妨害運転が誘発したもので、因果関係は明らか」とも述べました。

 

当然の主張ですよね!

 

被告の弁護側の主張も裁判ですからわからなくはないです。

 

求刑は25年でしたから軽くなった印象もありますが、弁護側は無罪を主張してましたからホッとしましたね。

 

これを機にあおり運転が減ることを願いたいです!

 

 

今後裁判はどうなるの?

あくまでも地裁での判決ですから、控訴の可能性もないわけではないです。

 

高裁で「もっと重い刑を!」という方もいらっしゃいますが、なかなか楽観はできません。

 

そのへんはまだ注視しないといけませんね。

 

すんなり石橋被告が納得するようにも思えませんので。

 

煽り運転は減るの?

これであおり運転が減るといいのですが、どうでしょうか?

 

今まで刑が軽すぎたり、危険運転致死傷罪がなかなか適用されにくい状況では煽り運転をする人間には自覚がなかったでしょう。

 

危険運転致死傷罪が適用されると思えば多少意識はするでしょうから、過激なものは減りそうには思います。

 

残念ながら、石橋被告のようなとんでもない奴はいますから、なくなることはないでしょう。

スポンサーリンク


 

 

 

 

「東名あおり運転」について一般のコメントは?

危険運転致死傷罪が適用されてホッとしました!

 

 

A さん
何故、検察側の求刑23年が、18年に軽減されるのか理解できない。

 

B さん
危険運転致死傷罪を適用したのは、納得できる判断だが、どうしても結果に比べた量刑が納得できない。法律の限界ですね。

 

Cさん
それでもこの判決は甘いと思わざるを得ません。高裁でより重い量刑が科される事を願っております。

 

D さん
危険運転の成立は当然。寧ろ判決が求刑の2割引になった理由が知りたいです。どう考えても量刑を軽減する余地は無いと思います。

 

Eさん
裁判官と裁判員を讃えたい判決!今後の指針と、あおり運転の抑制に繋がればと思う。

 

 

まとめ

東名高速で昨年6月、あおり運転で夫婦が死亡した事故で、自動車運転処罰法違反などの罪に問われた石橋和歩被告の裁判で、危険運転致死傷罪の適用を認め.懲役18年を言い渡した。

 

求刑23年からは軽くなりましたが危険運転致死傷罪が適用されました!

 

石橋被告が控訴の可能性もありますので、楽観はできません。

 

少しでもあおり運転が減ることを願いたいですよね。

 

実際、事件にはならなくても、あおり運転の経験は運転したことのある方でしたらどなたでも経験あると思います。

 

ほとんど方は脇によって先に行かせることで回避してると思います。でも、石橋被告のようなタイプはそのぐらいでは逃げ切れません。

 

追いかけてくるわけです。そうなると最後は相当危険な状況になるのは想像がつきます。

 

男でも恐怖がつきまといますよね。運転すると性格が変わる人ってよくいます。

 

性格がむき出しになるらしいです。

 

批判してる人も多いですが、あおり運転をやってる人も多いのも事実ですね。

 

もっとあおり運転自体がどんなに危険なものなのかあぶり出したかもしれません。

 

今後の成り行きを見守りたいと思います。

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です