横浜高校・松坂よりスゴイ歴代最高の天才ピッチャーは誰?【消えた天才】

まえがき

11月18日放送のTBS「消えた天才」(日曜後6・30)はスポーツ名門校が選ぶNo.1天才SPです!

松坂よりスゴイ!横浜高校最高の天才だそうです!?

なので、横浜高校が生んだ天才ピッチャーは誰なのか気になって調べてみました。

みなさん一緒に確認していきましょう!

スポンサーリンク


11月18日放送のTBS「消えた天才」の内容?

11月18日放送のTBS「消えた天才」(日曜後6・30)はスポーツ名門校が選ぶNo.1天才SPです!

松坂よりスゴイ!横浜高校最高の天才がなぜ!?17歳の悲劇…後輩・上地雄輔が涙。奇跡の甲子園…衝撃ラスト!

なにか思わぬアクシデントが!?

あの松坂選手よりすごいって、どんなにすごいか想像ができませんね。

引用元:tbs

いったい誰でしょうか?

丹波慎也さんのプロフィールは?

引用元:twitter

名前 丹波慎也(たんば しんや)

生年月日 1978年 – 1995年8月17日

身長 184cm

出身校 横浜高校


  • 横浜高校野球部歴代No.1選手と言われる。

  • 渡辺元智・元監督が「50年の指導歴の中でナンバーワン」と語ったほどの選手であった。

  • 死因は心臓肥大による急性心筋梗塞。

全く予期しないかたちで亡くなられたようで、ぽっかり穴が開いた感じだったようです。

横浜高校はショックが大きく、立ち直るまで時間がかかったそうです。

渡辺監督に丹波さんのお母さんから、

「何としても慎也のためにためにやってくれ」

と懇願され思い直したそうです。

兄の丹波幹雄さん

お兄さんも身長が193cmもあって、横浜高校野球部に入った際は将来のエースと期待されてたそうです。

1年生の時に肘を痛めてしまったんですね。

「もう一回できるよ!もう一回やればいいのに」一緒にキャッチボールをしたときに弟から言われた言葉が頭に残っていたそうです。

弟の遺志を継ぐため、肘を手術した上で慎也没の翌年・1996年からクラブチームで野球を再開する。

1998年のドラフト会議でヤクルトスワローズに8位指名されて投手として入団する。

残念ながら、高校時代のケガの影響もあってか一軍で投げることはなく、2002年に戦力外通告を受ける。

あだち充さんの「タッチ」のリアル版のように語られる。

スポンサーリンク


引用元:twitter

「消えた天才 横浜高校」について一般のコメントは?

泣けてきますね。

A さん
かつて渡辺さんが、横浜高校の黄金時代は、間違いなく丹波の時代から始まったと仰ってましたね。

B さん
意志を継ぐように丹波の兄貴も丹波の控え投手だった松井もプロ入りしてるのが凄いです。

Cさん
急性心筋梗塞で亡くなったみたいだけど、文武両道で高身長のイケメン、尚且つ松坂大輔より野球の才能が上という、本当の天才だったらしい。

D さん
昔ドラマになった「上地雄輔物語」でも登場してました。
跡を継いだ松井投手も社会人を経て、ヤクルトで頑張っていましたよね。

Eさん
渡邊前監督が松坂以上と惚れ込んだ逸材だし、私も中学生のときにテレビで見てたけど彼がいれば必ず横高は優勝間違いなしと思ってました。

まとめ

11月18日放送のTBS「消えた天才」(日曜後6・30)はスポーツ名門校が選ぶNo.1天才SPです!

松坂よりスゴイ!横浜高校最高の天才だそうです!?

なので、横浜高校が生んだ天才ピッチャーは誰なのか気になって調べてみました。

番組が楽しみですね♪

今後もご活躍を期待したいとおもいます!

スポンサーリンク




スポンサーリンク




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク