菅井きん 好きな食べ物はなに? 「認知症」報道には怒り!

テレビや映画で名脇役として活躍した女優、菅井きんさんが92歳でお亡くなりになりました。

なので、菅井きんさんのエピソードで「認知症」の件が気になったのでまとめてみました。

みなさん一緒に確認していきましょう!

スポンサーリンク


菅井きんさんは認知症だったの

菅井きんさんは本当にしっかりした人でしたが、2014年10月に女性週刊誌が菅井きんさんが認知症だと報じました。

当時、88歳の菅井きんさんは都内の特別養護老人ホームで暮らしてました。その4年前に自宅で転倒したために大腿骨を骨折して車いす生活になってしまいました。

普段はベッドで横たわってたそうですが、いつか動物園へ行けるようになりたいとリハビリを繰り返してたそうです。

そんな中、心無い「認知症」報道に怒りがこみ上げたみたいです。

腹が立ちました!弱い者いじめだと思って」と悲しそうに語ってましたね。

でもその後は、根っからの負けず嫌いの性格からかリハビリにさらに励んだそうです♪

残念ながら、女優復帰は叶わなかったですね。

菅井きんさんの好きな食べ物は?

菅井きんさんはお肉が好きだったんですよね。特にローストビーフが好きで、ちょっと小さめに切って食べてました。

すごくうれしそうに食べてる姿が印象的です。

タバコも1日5本は吸っていたそうです。それでも92歳まで長生きされたんですね。

タバコはあくまでも嗜好品です。他人に迷惑をかけなければいいですよね。

スポンサーリンク


菅井きんさんのプロフィール

引用元:sankeiニュース

名前 菅井 きん(すがい きん)

生年月日 1926年2月28日

出身 東京都

血液型 B型

身長 155cm

出身校 頌栄高等女学校卒業

所属 株式会社仕事


  • 文部省総務課・東京帝国大学学生課で事務職員として勤めていた。

  • 劇団俳優座に入団し舞台に立つ。

  • 1973年、『必殺仕置人』の主要人物・中村主水を「ムコ殿!」といびる姑・中村せん役で出演。

  • 1984年、伊丹十三監督の「お葬式」などで日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞。

  • 2008年、製作された映画『ぼくのおばあちゃん』では82歳にして映画初主演を果たし、世界最高齢映画主演女優としてギネスに認定される。

とにかくたくさんの作品に出演し、わき役としてひと際輝いてましたね。忘れられない女優さんですね。

「菅井きんさん」について一般のコメントは?

とにかく演技力がすごかった印象です。

A さん
おばあさんやらせたら、この人だったね!

B さん
必殺シリーズ、昔はよく見ていました。

Cさん
意地悪なようで、実は愛情溢れる役が多かったと思います。

D さん
おもしろくてチャーミングなイメージ。
ご冥福をお祈りします。

Eさん
菅井さんの場合は、意地悪な中にも愛嬌があったよね。

まとめ

今回は、テレビや映画で名脇役として活躍した女優、菅井きんが92歳でお亡くなりになりました。

なので、菅井きんさんのエピソードで気になったことをまとめてみました。

本当に楽しませていただきました♪

ご冥福をお祈りしております。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク