佐々木美智子さんのお店・バーはどこ?ゴールデン街伝説のママが『激レア』に出演!




まえがき

12月10日のテレビ朝日系『激レアさんを連れてきた。』にゴールデン街「ひしょう」のママ佐々木美智子さんが出演です!

 

ブラジルで銃撃戦を繰り広げり、?激動の昭和を生き抜いた伝説のママです。

 

なので、佐々木美智子さんの経歴と現在、お店について気になって調べてみました。

 

みなさん一緒に確認していきましょう!

 

スポンサーリンク


 

 

佐々木美智子さんが12月10日『激レアさんを連れてきた』に出演!

12月10日のテレビ朝日系『激レアさんを連れてきた。』にゴールデン街「ひしょう」のママ佐々木美智子さんが出演です!

 

ブラジルで銃撃戦を繰り広げり、?激動の昭和を生き抜いた伝説のママです。

 

ちなみに、今回のゲストは中条あやみさんです。今人気の女優さんですので楽しみです♪

 

塚地武雅さんは最近お笑いよりも俳優として活躍されてるようですね。

 

 

なんか予告編を見るとまさに激レアな感じがします!いきなり銃撃戦?

 

もちろん日本ではなくブラジルでの話だそうです。今でもブラジルのファベーラは映画になるぐらい犯罪の多い場所です。

 

銃撃戦が繰り広げられてるみたいですね。怖いですが現実です。日本では考えられませんがそんな国も多いみたいです。

 

ちょっとコミカルに見えますが、当時は佐々木美智子ママも必死だったんだと思います!

 

 

引用元:tv-asahi

 

すいません、伝説もママにこんなことをさせてw

 

まさにゴールデン街伝説のママだけに風格がありますね。人生の甘い辛いをすべて体験した方でしょう。

 

人生経験の厚みが違いますから、悩みを相談する人も多そうですね。

 

 

 

 

 

佐々木美智子さんの激レアぶりは?

波乱万丈の人生と言っていいんでしょうね。

 

高校卒業後に結婚するも、都会的でいい人だったそうですが離婚したそうです。

 

上京後は美容学校へ行くつもりでしたが入学後に辞めてしまします。

 

そして新宿の伊勢丹の裏でおでんの屋台を引きます。時代だったんでしょうが若い女性が一人で始めるのは大変なことです!

 

新宿の組長が「俺の女になれ!」と言われ、即断ったそうです。

 

組長の女になるために上京したわけじゃなかったそうです。

 

でも次の日から若い衆が5,6人来ておでん屋台をひっくり返されたそうです。

 

それでもめげなかったんですね。1週間続いたんだそうです。

 

それを組長が認めて、いい場所で商売できるようにしてくれる。その後はお客さんも増えて繁盛したんだそうです♪

 

一年ぐらいして映画関係の常連さんが「カタギにならない?」と言われ、映画の世界に入るきっかけができたんです。

 

映画の編集の仕事です。でも編集の仕事は性に合わず写真家を目指します。

 

 

引用元:facebook

 

いっときお客さんの紹介で日活撮影所の編集部で働きます。

 

写真を学ぶために専門学校へ通います。

 

当時は全共闘の時代です!そんな時代を写真で撮っていったそうです。

 

自らも結構のめり込んだとなにかに書いてましたね。

 

自らも集会に参加して撮っていたそうです。バリケードも突破です!

 

思わぬ発言、「あれからずっと寝てない」あまり寝ない人みたいですねw

 

催涙弾が足に当たったこともあったそうです。怖いし痛いし。

 

学生運動も終焉を迎えます

 

1968年にゴールデン街で「むささび」を開店します。

 

当時は、ゲイバーやボッタクリが横行していたんですね。警察の手入れも多かったみたいです。

 

3階は繋がっていた、みんな3階に上がって逃げたらしいです。

 

その後、高級クラブ「ゴールデンゲート」を始めます。そこには俳優の原田芳雄さんや石橋蓮司さん、松田優作さんも常連だったみたいです。

 

篠山紀信さんもまだ売れる前から来てたらしい。

 

2階から乱闘で落ちる人がいっぱいいたそうです!?

 

引用元:tv-asahi

 

1974年にはお店を閉店して、ブラジルへ!

 

それからブラジルでの銃撃戦もあるんです。

 

今は優しさがにじみ出てます。いろいろあってもすべてを含んで、噛み締めた感じでしょうか。

 

素晴らしい人生を送られてきたようです♪

 

 

佐々木美智子さんのプロフィール

引用元:facebook

 

名前 佐々木美智子(ささき みちこ)

生年月日 1934年2月9日

出身地 北海道根室市

出身校 東京綜合写真専門学校

 


 

  • 22歳で上京する。

 

  • 新宿二丁目、ちょうど伊勢丹の裏でおでんの屋台を引く。

 

  • 日活撮影所の編集部に3年間勤務する。

 

  • 東京綜合写真専門学校で写真を学ぶ。

 

  • 日大全共闘、映画のスチール写真などを撮る。

 

  • 新宿ゴールデン街で〈Barむささび〉、新宿歌舞伎町で〈ゴールデンゲート〉などを経営する。

 

  • 1979年にブラジルへ渡り、アマゾンで9年間飲食店・ペンションなどを経営する。

 

  • 88年、サンパウロへ移り、私設図書館を創立する。

 

  • 93年に帰国し、東京都大島町に住む。

 

  • ゴールデン街「ひしょう」を継承する。

 

 

若い頃の佐々木さんは壮観な顔立ちですね。まさに女戦士のような風貌です。

 

ちょっと近寄りがたい雰囲気だったかもしれませんね。

 

 

 

ゴールデン街 「ひしょう」はどこ?

今は外国人の観光スポットになってます♪

 

夜は外国人だらけと言ってもいいぐらいです。昔は文豪や学者などクリエイティブな人が通う特別な場所だという印象です。

 

本当新宿・歌舞伎町でゴールデン街とくればディープな世界ですよ。

 

周りはちょっと危険な感じもちょっと残ってますが、大分変わりました。

 

現在は一般人も気軽に飲める感じでそれはそれで楽しくていいですね。

 

せっかくですから行ったことない方は、今は安全なエリアですので足を運んでみては。

 

 

 

ひしょう

 

引用元:Google

 

東京都新宿区歌舞伎町1-1-8 3番街

 

最近も三上寛さんのライブをやったり、狭いながらも大変賑わってるようですよ。

 

なんと言っても佐々木美智子ママの存在は他店では真似できませんので特別です!

 

今も80歳を超えても毎夜お店に立ってるとか。

 

もちろんずっとではないと思いますので、会えたらラッキーでしょう♪

 

 

まとめ

12月10日のテレビ朝日系『激レアさんを連れてきた。』にゴールデン街「ひしょう」のママ佐々木美智子さんが出演です!

 

ブラジルで銃撃戦を繰り広げり、?激動の昭和を生き抜いた伝説のママです。

 

なので、佐々木美智子さんの経歴と現在、お店について気になって調べてみました。

 

波乱万丈の人生、アッパレですね!昭和・平成を生き抜いた伝説のママの話をたっぷり聞きましょう。

 

今後もご活躍を期待しております!

 

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です