斎藤工 ハロウィンのゴミ拾いは偽善か?「たくみひろい」隊が六本木に集合!

俳優の斎藤工さんが11月1日、東京・六本木周辺でハロウィン翌日の散乱したゴミを拾い集めた。

メンバーは求人検索エンジンIndeed』で集まった80人で、「たくみひろい」隊だそうです!

なので、斎藤工さんのゴミ拾いの意図やファンの反応気になって調べてみました。

みなさん一緒に確認していきましょう!

スポンサーリンク


斎藤工さんがハロウィン翌朝にゴミ拾い!

俳優の斎藤工さんが11月1日、東京・六本木周辺でハロウィン翌日の散乱したゴミを拾い集めた。

メンバーは求人検索エンジンIndeed』で集まった80人で、「たくみひろい」隊だそうです!

引用元:twitter

IndeedのCMシリーズ“ハロウィン”篇と連動した謎の特別求人企画「たくみひろい」隊。

ハロウィン翌日にゴミ拾いのアルバイトが六本木に集まったんですね!

企画自体はIndeedの宣伝のようです。

そう言えばIndeedの新CM「ハロウィン」篇に出演してましたね。

そんなアルバイトがあったとは!?斉藤さんのファンだったら絶好の機会でしたね♪

斎藤工さんの仮装姿は

斎藤さんの仮装姿は一体何でしょう?

引用元:twitter

ピエロでしょうか。ちょっと独特なスタイルですねw

映画「時計じかけののオレンジ」のコスプレだったようです。友人が教えてくれましたw

斎藤さんでないと様にならない感じですね。

斎藤さんは「僕らのアクションが届いていると願う」と話してました。

引用元:twitter

足が長いから普通のホウキでは短い感じで、ちょっと体勢がきつそうに見えますねw

引用元:twitter

斎藤さんの周りはやはり女性が多いですね♪子供ともなんか会話したようです。

あまりに渋谷のハロウィンがひどすぎましたからね。斎藤さんの念頭にもあったんだと思います。

さらに「偽善っぽいことをやったなと思いつつ、どこか自分のスイッチが入った気持ちです。とても学びの多いイベントでした」とも語ってくれました。

まんな偽善の呪縛にハマった感じで、いいことを率先してできないムードが怖いですね。

斎藤さんのような有名人が実践して、また仲間を募ってゴミ拾いをやったことは素晴らしいですね。

またそれがニュースになって知ることができたのは素敵です。

藤田 ニコルさんのプロフィール

引用元:twitter

名前 斎藤 工(さいとう たくみ)

生年月日 1981年8月22日

出身地 東京都港区

血液型 A型

出身校 日本学園高等学校

所属 ブルーベアハウス


  • 父親が東北新社に勤務していた影響で、幼少期より映画館に通うのが日常となり、映画を多く観て育っ。

  • 高校生の頃から雑誌『MEN’S NON-NO』や『POPEYE』などで「TAKUMI」の名前でモデルとして活動する。

  • 2001年、『時の香り〜リメンバー・ミー』のプロデューサーにスカウトされ俳優デビューする。

  • 2012年、ショートムービー「サクライロ」で監督デビュー。

  • 2017年、「blank13」が第20回上海国際映画祭でアジア新人賞部門最優秀監督賞を受賞

スポンサーリンク


「斎藤工さん、ハロウィン翌朝にゴミ拾い」について一般のコメントは?

斎藤さんは、以前にも被災地でボランティアをしてましたね。素晴らしいの一言です。

A さん
偽善だと言って何もやらない人より、偽善かもと思いつつやる人のほうが全然素晴らしいと思う。

B さん
斎藤工さんは俳優にもかかわらず声をあげるなんてなかなかできることじゃないし、素敵な人だと思う。

Cさん
掃除してくれる人は本当に素晴らしいなと思うけど、汚した人が綺麗にするなりゴミを然るべき場所で処分できるようにならないと何も解決にならない!

D さん
indeedの企画かもしれないが、災害があった被災地に赴いて、土砂かきや支援とかもなさっていて。ほんと素晴らしいと思います。

Eさん
ワイドショーには渋谷の喧騒より、こっちを長く取り上げて世間に広めて欲しい!

まとめ

俳優の斎藤工さんが11月1日、東京・六本木周辺でハロウィン翌日の散乱したゴミを拾い集めた。

メンバーは求人検索エンジンIndeed』で集まった80人で、「たくみひろい」隊だそうです!

なので、斎藤工さんのゴミ拾いの意図やファンの反応気になって調べてみました。

ゴミ拾いは日本の美徳として世界でも取り上げられることも多いですが、それより汚さないようにすることのほうが大事だと思います。

今後もご活躍を期待しております!

スポンサーリンク




スポンサーリンク




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク