平塚千瑛のプロフと美人女優がバラエティ番組に出演する理由は?『アウト×デラックス』




まえがき

5月23日(木)の「アウト×デラックス」は【バラエティーのほうが向いていると思っている女優です!

 

女優の平塚千瑛さんが水着姿で登場です!

 

『相棒』(テレビ朝日系)、『鬼平犯科帳』(フジテレビ系)に出演経験のある女優の平塚さんですが、これからはバラエティに進出したいらしいです!?

 

なので、平塚千瑛さんのプロフィールとバラエティ進出の理由について気になって調べてみました。

 

みなさん一緒に確認していきましょう!

 

スポンサーリンク


 

 

5月23日の「アウト×デラックス」の番組内容は?

5月23日(木)の「アウト×デラックス」は【バラエティーのほうが向いていると思っている女優です!

 

女優の平塚千瑛さんが水着姿で登場です!

 

『相棒』(テレビ朝日系)、『鬼平犯科帳』(フジテレビ系)に出演経験のある女優の平塚さん!

 

これからはバラエティに進出したいらしいです!?

 

フジテレビのバラエティ番組のオーディションにも水着姿で挑戦しているそうです。

 

平塚さんがバラエティに進出したい理由は?

 

 

中村俊介の『結婚相手に求める条件』と結婚できない理由は?【アウト×デラックス】

 

平塚千瑛さんの最近の出演は?

バラエティ番組が多いみたいですね。

 

拝見するのが初めてですのでどんなキャラなのか楽しみです。

 

3月にテレビ朝日系 月曜深夜1時59分からの『内部告発!ゼポ女の裁き!』に出演したらしいです!

 

 

引用元:ameblo

 

最近は以下のバラエティ番組にも出演されたようです。

 

  • AbemaTV 「妄想中毒」

 

  • テレビ東京『A応Pのあにむす!』

 

舞台の二次、三次オーディションと進めて無事に合格できたそうです!

 

 

 

バラエティに進出する理由は?

女優といってもテレビや映画、舞台でどんどん仕事が来るのはいいほうなんでしょうね。

 

多くはオーディションを必死で受け続けて、役を勝ち取る世界でしょう。

 

大勢の中で目立つには水着ぐらいは当たり前?

 

キャラもちょっとやそっとじゃ驚かない!?

 

それを考えると女優、芸能界は大変な世界ですね!

 

家族、特にお父さんがバラエティ番組に向いていると言ったことが理由?

 

鼻の黒い綿棒で鼻を高くしている!?

 

 

 

スポンサーリンク


 

平塚千瑛さんのプロフィール

引用元:ameblo

 

名前平塚 千瑛(ひらつか ちあき)
生年月日1986年8月6日
出身地山形県
血液型B型
身長170cm
所属三枝プランニング

 


 

  • 2011年、「ミス・アース・ジャパン」ファイナリスト。

 

  • 2012年、「ミス・ユニバース・ジャパン」セミファイナリスト。

 

  • 2013年、「ベストボディ・ジャパン日本大会」レディースグラス グランプリ。

 

  • 2018年、映画「私は絶対許さない」に出演。

 

  • 2018年、「特捜9」 第2話(テレビ朝日系) – 向笠博子 役を演じる。

 

 

 

ドラマや舞台で活躍されているみたいですが、バラエティ番組への出演を増やしているみたいです。

 

 


↑↑こちらも人気みたいですね♪

 

 

 

7月8日のTBS『中居くん決めて!』に出演!

ミスユニバースコンテストで上位に名を連ねた 平塚千瑛 さんがヌードになったことを大後悔。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ

5月23日(木)の「アウト×デラックス」は【バラエティーのほうが向いていると思っている女優です!

 

なぜか女優の平塚千瑛さんが水着姿で登場です!

 

「ミス・ユニバース・ジャパン」セミファイナリストにもなったこともある大変な美人です。

 

身長も170cmですから舞台バエもしますよね。

 

『相棒』(テレビ朝日系)、『鬼平犯科帳』(フジテレビ系)に出演経験のあります!

 

そんな美人女優の平塚さんですが、これからはバラエティに進出したいらしいです!?

 

なので、平塚千瑛さんのプロフィールとバラエティ進出の理由について気になって調べてみました。

 

やはり美人女優だけでは、オーディションを勝ち抜けないのも実情のようです。

 

まずは知ってもらわないとしょうがないんです。

 

演技力も大事ですが、売れている女優がみんな演技力があるわけではありません。

 

やはり注目されることが重要なんです!

 

注目された後は、飽きられないように頑張ることで実力を付けていく。

 

そんな戦略というか、せめて戦術は考えておく必要はありそうですね。

 

普段はあまり考えてませんが、芸能界は生き残りが厳しい世界でしょう。

 

今後もご活躍をお祈りしております!

 

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です