越智直正の経歴と座右の書は?靴下の良し悪しは噛めばわかる!?

まえがき

靴下専門店の全国チェーン「靴下屋」を一代で築いたタビオ創業者の越智直正さんが11月12日のテレビ朝日系『激レアさんを連れてきた。』に出演です!

靴下を愛するがあまり、靴下を噛むことでその靴下の善し悪しが分かるようになった『靴下の神様』と呼ばれてます。

なので、越智直正さんの経歴や靴下の噛み方、座右の書が気になって調べてみました。

みなさん一緒に確認していきましょう!

スポンサーリンク


越智直正さんが11月12日『激レアさんを連れてきた』に出演!

靴下専門店の全国チェーン「靴下屋」を一代で築いたタビオ創業者の越智直正さんが11月12日のテレビ朝日系『激レアさんを連れてきた。』に出演です!

靴下を愛するがあまり、靴下を噛むことでその靴下の善し悪しが分かるようになった『靴下の神様』と呼ばれてます。

噛む必要があるかどうかはさておいて、それだけ靴下を愛して情熱をそそいてきたということでしょうw

野菜を土のついたまま丸かじりするイメージを重ねたんでしょうね。

あと注目は、ゲストに秋山竜次(ロバート)さんが出演です!

引用元:twitter

実際に秋山さんが靴下を噛んでましたw

でも神様が言う秘訣の「赤ちゃんを噛むように、泣く手前まで噛む」の意味がよくわからな買ったみたいです!?

だいたい赤ちゃんを噛みませんからねw

「靴下の神様」ですから、常識は外して聴いたほうがいいかもしれません。

でも靴下を噛むというのは冗談じゃなかったみたいです。

「赤ちゃんのほっぺたを噛むように、すーっと優しく噛む」

いい靴下は1分30秒かけてすーっと押し上がってきてもとの形状に戻るらしい。

靴下の勉強をしにデパートにいってもお金がないので買う訳にはいかない。

苦肉の策で、店員さんに見えないように噛んだそうです。それで5感を鍛えたそうですよ。

本気でやってたんですね。さすが「靴下の神様」です。

ねんど大介 中国・台湾で活躍できた理由は?「激レアさん」に出演!

越智直正さんのプロフィール

引用元:kouenirai

名前 越智直正(おち なおまさ)

生年月日 1939年

出身 愛媛県

所属 タビオ株式会社 代表取締役会長


  • 1939年、11人兄弟の末っ子として生まれる。

  • 1955年、修誠中学卒業

  • 1955年、大阪の靴下問屋「キング靴下鈴鹿商店」に入社

  • 1968年、「ダンソックス」を創業

  • 1977年、株式会社ダン(現タビオ株式会社)を設立し代表取締役社長に就任

  • 2008年、タビオ株式会社代表取締役会長に就任

靴下専門店の全国チェーン「靴下屋」を一代で築いたタビオ創業者です。

一環してメード・イン・ジャパンを貫いてるところが凄いですね。

「売れた分だけ、作る」を実現させる独自の生産・販売管理システムが特長だそうです。

全国に280店舗を構え、海外にも展開してるそうです。

丁稚奉公からのし上がった大立者ですね♪

スポンサーリンク


越智直正さんの丁稚奉公時代

丁稚奉公では、先輩からのあたりがキツかったそうです。仕事も想像を絶するぐらいの忙しさ。

繁忙期には「1時間寝られるだけでもありがたいと思え」と言われるほどの厳しい生活だったんです。

今では考えられないですよね。だからといってタビオ株式会社がそんな会社ということではないですよw

座右の書は?

丁稚奉公時代に買った「孫子」だそうです。

寝る時間も少ないなか、さらに就寝時間を1時間遅らせ読んだそうです。当時は勝手に電気を使うと怒られたんだそうです。

3年続けたら『孫子』の内容を暗誦できるようになっていたんだそうです。

それから「史記」、「三国志」と中国の古典を読み漁る。

まとめ

靴下専門店の全国チェーン「靴下屋」を一代で築いたタビオ創業者の越智直正さんが11月12日のテレビ朝日系『激レアさんを連れてきた。』に出演です!

靴下を愛するがあまり、靴下を噛むことでその靴下の善し悪しが分かるようになった『靴下の神様』と呼ばれてます。

なので、越智直正さんの経歴や靴下の噛み方、座右の書が気になって調べてみました。

赤ちゃんを噛む

今後もご活躍を期待しております!

スポンサーリンク




スポンサーリンク




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク