板橋駿谷の経歴・プロフは?「番長」門倉努役を熱演!NHK連続テレビ小説『なつぞら』




まえがき

NHK連続テレビ小説「なつぞら」で、第4週「なつよ、女優になれ」から登場した新キャラクター“番長”が評判のようです。

 

主人公・なつが畜産科に通う十勝農業高校の農業科3年・門倉努を熱演して存在感を示したのは、俳優の板橋駿谷さんです!

 

34歳で高校生役!?

 

なので、板橋駿谷さんの経歴やドラマの役柄について気になって調べてみました。

 

みなさん一緒に確認していきましょう!

 

スポンサーリンク


 

 

NHK連続テレビ小説「なつぞら」の番組内容は?

NHK連続テレビ小説「なつぞら」で、第4週「なつよ、女優になれ」から登場した新キャラクター“番長”が評判のようです。

 

主人公・なつが畜産科に通う十勝農業高校の農業科3年・門倉努を熱演して存在感を示したのは、俳優の板橋駿谷さんです!

 

34歳で高校生役!?

 

戦争で両親を亡くし、北海道・十勝の酪農家に引き取られた少女・奥原なつ(広瀬すず)が、高校卒業後に上京してアニメーターとして成長していく姿を描く。

 

高校3年のなつは演劇部に入部し、番長も演劇部を手伝うことに!

 

勝農演劇部が第5回北海道高等学校演劇コンクール十勝地区予選大会に参加。

 

番長は村長を演じたが、緊張のあまりセリフが飛んでしまい、結果は地区予選敗退。

 

「オレはこの舞台が成功したら、言うべと思っていたんだ。言っていいか?奥原!言うぞ。卒業したら、オレの嫁になってくれ!」と突然の告白。

 

なつは「ごめんなさい、それはできない」と即答で断る!

 

番長は「アァー!」と叫びながら走り出し、その場から姿を消すんですね。

 

なんとも言えないシーンですね♪

 

磯智明チーフプロデューサーは公式サイトで「『タッチ』の原田、『ドカベン』の岩鬼のような、昭和の番長といった雰囲気が板橋さんにはあります」と語っています。

 

「やっぱり!」という感じですねw

 

番長は、第7週(5月13~18日)に再登場するらしいので少し待ちましょう!

 

スポンサーリンク


 

板橋駿谷さんのプロフィール

引用元::instagram

 

名前板橋 駿谷(いたばし しゅんや)
生年月日1984年7月1日
出身地福島県須賀川市
身長178cm
血液型A型
出身校日本大学芸術学部演劇学科
所属ジャングル

 


 

  • 2004年、日本大学芸術学部演劇学科在学中に沼袋の小劇場で初舞台。

 

  • 2005年、田川啓介、高縁貴彦、澤田慎司らとともに劇団掘出者を結成。

 

  • 2009年、三浦主宰の劇団ロロの旗揚げに参加。

 

  • 2009年、舞台『はちみつ』(こゆび侍)で佐藤佐吉賞・最優秀助演男優賞を受賞。

 

  • 2015年3月、北尾亘(Baobab)、永島敬三(柿喰う客)、福原冠(範宙遊泳)とともに演劇集団「さんぴん」を旗揚げ。

 

  • 2016年、奥田監督の『クズとブスとゲス』に主演し注目を集める。

 

  • 2019年、NHK連続テレビ小説『なつぞら』に門倉努役で出演。

 

 

 


↑↑ こちらも人気みたいです♪

 

 

 

「“愛され番長”板橋駿谷 朝ドラ初出演」について一般のコメントは?

みなさん好印象のようですね!

 

タッチの原田か?

 

俳優の村田雄浩さんの雰囲気に似てますね♪

 

いずれにしても懐かしいです!

 

A さん
番長は、まさにタッチの原田君だね。いい味出してますね。今後も番長を出してもらいたいですね。高校の卒業式あたりかな。

 

B さん
こんな人(いい意味です)、よく見つけてきたね、というのが一致した感想です。再登場の機会があるそうで安心しました。

 

Cさん
原田に岩鬼…確かに!
見事なバンカラぶりだった!番長も良いが、応援団でも似合うと思います!。

 

D さん
俳優の村田雄浩さんが番長役やっていた時を思い出す俳優さんですね。 個人的に好きな俳優さんの1人になっていきそうです。

 

Eさん
瞬殺でなつに振られるシーン笑った。不器用だけど真っ直ぐでピュアな番長合ってました。

 

Fさん
なんかいいよね〜見た瞬間から良いと思った!なんと34歳!!結構年上だけど。それを感じさせないところが良かった。告白してすぐ断られるところも笑ってしまった。これからもなんやかんやとなつのまわりで出演してほしい。

 

 

 

まとめ

NHK連続テレビ小説「なつぞら」で、第4週「なつよ、女優になれ」から登場した新キャラクター「番長」が評判のようです。

 

主人公・なつが畜産科に通う十勝農業高校の農業科3年・門倉努を熱演して存在感を示したのは、俳優の板橋駿谷さんです!

 

34歳で高校生役!?

 

しかもなつ(広瀬すず)に瞬殺、玉砕ですw

 

磯智明チーフプロデューサーも「『タッチ』の原田、『ドカベン』の岩鬼のような、昭和の番長といった雰囲気が板橋さんにはあります」と語る!

 

やはり狙いはそこですね。

 

懐かしく思い出します♪

 

いいキャラクターですよね。

 

そんないい奴を板橋さんが公演してくれました!

 

「番長」は再登場もあるそうなので少し待ちましょう♪

 

今後もご活躍を期待しております!

 

 

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です