バレー中田久美が唯一勝てなかった選手は?中学3年で全日本入り!

まえがき

バレーボール女子日本代表中田久美監督が30日放送のTBS「消えた天才」(日曜後9・00)に出演!

ともに史上最年少15歳で日本代表入りした一番の選手の存在を明かすそうです。

なので、中田久美監督が勝てなかったライバルが誰なのか気になって調べてみました。

みなさん一緒に確認していきましょう!

スポンサーリンク


消えた天才バレー少女とは誰なの?

バレーボール女子日本代表中田久美監督とともに史上最年少15歳で日本代表入りした選手のことですよね。

覚えてます!結構話題になりました。中学3年で日本代表に選ばれたんですからすごいですよね。

中田さんもすごかった!可愛かったですね。

引用元:Yahoo!ニュース

確かに当時は中田さんよりも、もう一人の方のほうがメインで紹介されてましたね。

「私なんかより、将来を有望視された一番の選手」と中田さんが話すのもわかります。

現在は日本代表の指揮を執る中田監督は、現役時代も史上最年少15歳で日本代表入りし天才少女と呼ばれた名選手でセッターで活躍されました。

18歳で迎えたロサンゼルス五輪ではチームの中心選手として銅メダル獲得に貢献したんですよね。

大林素子さんも「エースとして憧れ」の選手だったんですね。

なぜ、天才バレー少女は表舞台から姿を消したのか?気になりますね。

番組ではその真相を34年の時を経て初めて告白するそうです。確かに今まで情報なかったですね。

その天才選手とは、大谷佐和子さんです!そんな選手だったか見ていきましょう。

大谷佐和子さんプロフィール

引用元:sanspo

名前 大谷 佐知子(おおたに さちこ)

本名 松野 佐和子

生年月日 1965年8月3日

出身地 大阪府

出身校 四天王寺高等学校


  • エースアタッカーとして活躍し、高校三冠(インターハイ、国体、春の高校バレー)の原動力

  • 1984年、ロサンゼルスオリンピックでは3位に貢献。

  • 高校卒業後にカネボウへ入社し、日本リーグで活躍。

  • 1997年、東北パイオニアへ移籍

  • 1999年に正式に現役を引退

バレーをはじめて1年半でトップ選手に上り詰めたんですから、まさに天才ですね。

本人は、一日10時間の練習をしたからで、当然だとおしゃってるそうです。

大谷佐和子さんの現在は?

現在、大谷さんはMIPスポーツ・プロジェクト(特定非営利活動法人)に参加し、バレーボールの指導などを行っているそうです。

引用元:mip-sports

バレーボールの有名な選手がこの組織で活躍されてるみたいです。

思うように活躍できなかった理由が知りたいですね。

カネボウに入社したのが影響したかもしれませんね。会社の状況が悪くて

スポンサーリンク


「消えた天才バレー少女とは誰なの」について一般のコメントは?

選手として何があったのか知りたいですね。番組で確認しましょう!

A さん
大谷佐知代さんかな?

B さん
ご本人の意志より回りの大人たちの事情で潰されたと思います。

Cさん
15歳で代表入りよりバレー初めて1年で代表入りが凄すぎる。

D さん
才能はすごくても、それを長続きさせる努力の方が大変なんだろう。

Eさん
天才はいっぱいいるが、そういう人は普通に目立たない生き方をしている場合が多いと思う。

まとめ

バレーボール女子日本代表中田久美監督が30日放送のTBS「消えた天才」(日曜後9・00)に出演!

ともに史上最年少15歳で日本代表入りした一番の選手の存在を明かすそうです。

なので、中田久美監督が勝てなかったライバルが誰なのか気になって調べてみました。

今もバレーの若手育成に貢献してましたね!

今後の活躍を期待したいですね♪

スポンサーリンク




スポンサーリンク




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク