峯水亮の経歴・wiki風プロフは?プランクトンを撮り続ける男!『クレイジージャーニー』




まえがき

2月20日のTBS系クレイジージャーニーには写真家の峯水 亮さんが出演です!

 

海の神秘「プランクトン」を28年間撮り続ける男!

 

知られざる圧巻の光景を大公開します♪

 

なので、峯水 亮さんの経歴やプランクトンの写真について気になって調べてみました。

 

みなさん一緒に確認していきましょう!

 

スポンサーリンク


 

 

2月20日のTBS系「クレイジージャーニー」の内容は!

2月20日のTBS系クレイジージャーニーには写真家の峯水 亮さんが出演です!

 

峯水 亮さんは、海の生き物を取り続けているんです。

 

特にプランクトンは、峯水 亮さんの独壇場のようですね。

 

 

伊豆半島大瀬崎が最高の撮影スポットらしい!

 

久米島と違って、船に乗らずにそのまま海辺から潜ります。

 

ベニクラゲ…卵からポリプ、そしてクラゲになるんです。若返る感じみたいです。

 

不老不死の研究に使われてるとか?

 

 

 

峯水 亮さんの書籍は?

プランクトンの書籍といえば、峯水 亮さんの書籍が定番みたいです!

 

見てるだけでも楽しいですね。

 

水族館でもプランクトンは見ることはできませんよね。

 

小さすぎます。

 

もちろん水槽の中に入るんでしょうが、見えませんよねw

 

書籍「ポケット図鑑 日本の海水魚466」「サンゴ礁のエビハンドブック」

 

やはり峯水亮さんで観るしかないみたいです。

 

写真集『Jewels in the night sea 神秘のプランクトン』

 

透明な生き物は光が抜けるので写真が撮れないらしい。

 

それを取れるように試行錯誤した結果が今の作品になってるそうです。

 

誰もがすぐ取れるものじゃないんですね!

 

日が暮れてから撮影するらしい。

 

一時的なプランクトンと終生プランクトンがいるんだとか。

 

ライトも半端ない量です。イカ釣り漁船をイメージしてしまいました。

 

 

見てるだけでも綺麗で芸術的ですね。

 

 

無限にいるらしい。目には透明に見えるが、カメラで撮るときれいに色が出るらしい。

 

 

 

毎回毎回新しい出会いがあるという♪

 

スポンサーリンク


峯水 亮さんのプロフィール

引用元:seacam

名前 峯水 亮

生年月日 1970年

出身 大阪府枚方市

 


 

  • 西伊豆大瀬崎にある大瀬館マリンサービスでのダイビングガイド・インストラクター経験する。

 

  • 1997年、国内外の海のフィールド撮影をする峯水写真事務所を設立する。

 

  • 主に浮遊生物を中心とした海洋生物の撮影に取り組んでいる。

 

  • 数多くの児童向け書籍やTV番組などに写真及び映像を提供する。

 

  • 2015年、浮遊生物撮影18年間をまとめ上げた第1弾の集大成として【日本クラゲ大図鑑】を平凡社より刊行する。

 

  • 2016年、第5回 日経ナショナルジオグラフィック写真賞 グランプリ受賞する。

 

峯水亮さんの撮り方へのこだわり

  • 仕事は特に水中の自然を撮ることなので、生き物や自然をありのままの姿で見てほしい。

 

  • 自然も生き物も、そのままが美しいので、「撮る行為」より「伝えること」に喜びを感じます。

 

  • 流行りの撮り方は必要ありませんが、生き物をより鮮明に見せるためや、美しさを追求する為であれば機材にはこだわり続けたい。

 

 

命と向き合う?

人は価値観の上で、ほんの一握りの価値のあるもの、美しい生き物だけに目を向けがちです。

 

醜い生き物も含めて、すべてがこの地球上に与えられた命なのです。

 

少しでも多くの生き物たちを、その生態を、できるだけたくさんの方々に知ってもらいたい。

 

 

 

 

水中写真家の仕事とは?

水中写真家という仕事は、華やかに見えるかもしれません。

 

しかし実際は、生き物と対峙するために「孤独」と向き合うことが多い仕事なんです。

 

生き物のことを知るためには可能な限り現場に出ていく必要があります。

 

常に目的を持ち、時間はかかっても必ずやり遂げる強い意志を持ち、諦めないことが求められます。

 

松本人志の「おぞましい」は何?

松ちゃんは何を「おぞましい」と言ってるんでしょうか?

 

 

気になります!

 

映画「エイリアン」の元になったクラゲもいます。

 

タルマワシは子供を自分の体の中に子供を整列させるらしく、その瞬間が「おぞましい!」と…。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ

2月20日のTBS系クレイジージャーニーには写真家の峯水 亮さんが出演です!

 

海の神秘「プランクトン」を28年間撮り続ける男!

 

プランクトンて肉眼では見えませんよね。

 

知られざる圧巻の光景を観ることができます。

 

華やかな世界に見えますが、水中写真家は生き物と対峙しますから孤独で厳しい世界のようです。

 

生き物をそのままの美しさを伝えることにこだわってるそうです。

 

新しい世界を知ることができてよかったです♪

 

今後もご活躍を期待したいと思います!

 









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です