250kgの減量法とは?アメリカのダイエットは参考になるの!?【レディース有吉】




まえがき

6月18日(火)よる10時~ フジテレビ『レディース有吉』は【アメリカで250kgの減量に成功した女性がいるらしい”といううわさの真相】です!

 

250kgの減量の意味がよくわからなかったですが、アメリカの女性の話みたいです!

 

22歳で体重が321kgにまで増えてしまった女性が、ある方法を使って250kgやせたらしいです。

 

どんな減量法なんでしょうか?

 

なので、「250kgの減量法」について気になって調べてみました。

 

みなさん一緒に確認していきましょう!

 

スポンサーリンク


 

 

6月18日の『レディース有吉』の番組内容は?

引用元:ktv

 

6月18日(火)よる10時~ フジテレビ『レディース有吉』は【アメリカで250kgの減量に成功した女性がいるらしい”といううわさの真相】です!

 

最初、250kgの減量の意味がよくわからなかったですが、アメリカの女性の話みたいです!

 

22歳で体重が321kgにまで増えてしまった女性が、ある方法を使って250kgやせたらしいです。

 

現在は71kgということですね!

 

どんな減量法なんでしょうか?

 

ちょっと気をつけて検証ないといけませんね。

 

前のめりに入ると危険な予感もします!?

 

 

250kgの減量に成功した女性は誰?

アメリカ・ミシシッピ州に住むある女性はストレスが原因で食べる量が増え、22歳で体重が321kgにまで増えてしまったそう。

 

ある女性とは、クリスティーナ・フィリップスさんといいます。

 

ある方法を使って250kgやせたという、うわさの真相に迫ります。

 

正確には238kg痩せたそうで、約250kgのようです。

 

アメリカのテレビ局・TLCが放送する人気リアリティ番組「My 600-lb Life(私の600ポンド生活)」に出演した人々なんです。

 

他にもアンバー・ラーディさんも298kgから106kgまで200kg近く減量してます。

 

引用元:twitter

 

ヒューストンの外科医Younan Nowzaradanの指導のもと、減量を試みている。

 

患者の進捗状況に応じて、さらに減量を助けるために胃バイパス手術またはスリーブ胃切除術を提供することもあるそうです。

 

番組では1年以上経った出演者を検証する特集も組まれているみたいです。

 

かなり肥満でも重症の方が対象ですから、一般のちょっと太ってますのレベルではないですね。

 

日本人に少ない、アメリカならではの問題もありそうです。

 

 

スポンサーリンク


 

アンバー・ラーディさんのビフォーアフターは?

減量と言っても、一般的には誘惑に負けてなかなかできそうでできませんよね。

 

「私は徐々に私が座って楽しむことを自分自身を説得しようとしています。 私の体はBSを呼び続けます。」

 

「ふわふわの脚ですが、少なくともジーンズでかわいく見えます。うん。」

 

しっかり結果が出てくると、進みも早くなるみたいです。

 

それまでは、毎日4回欠かさず大量の食事をとって、チョコレートやキャンディーなどお菓子を山ほど食べていたんだとか。

 

アメリカだと想像できてしまいます!?

 

このままでは大変なことになると感じて、人気リアリティ番組「My 600-lb Life(私の600ポンド生活)」に出演して減量に挑戦することを決めたんですね。

 

生活スタイルをガラッと変えて、胃縮小手術も受け、ジムにも通います。

 

番組のサポートを受けて真剣に取り組んだ結果、100kg前後まで落とすことができたんだそうです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

6月18日(火)よる10時~ フジテレビ『レディース有吉』は【アメリカで250kgの減量に成功した女性がいるらしい”といううわさの真相】です!

 

250kgの減量の意味がよくわからなかったですが、アメリカの女性の話みたいです!

 

22歳で体重が321kgにまで増えてしまった女性が、ある方法を使って250kgやせたらしいです。

 

アメリカのテレビ局・TLCが放送する人気リアリティ番組「My 600-lb Life(私の600ポンド生活)」に出演した人々なんです。

 

医師の指導の元で減量をして、検証している番組のようです。

 

日本人とは違って、アメリカでは肥満の程度がハンパないです!

 

ですから減量もハンパないんですね。

 

どんな減量法というよりも、そこまで肥満にならないことを考えたほうが良さそうです。

 

日本人でも悩んでいる方はいらっしゃると思いますが、アメリカでは社会問題になるレベルで受からね。

 

ちょっと参考にして下さいとは言えません。

 

 

 

 

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です