町田友潤の経歴と現在は?高校野球史上最高の二塁手!【消えた天才】




まえがき

8月11日放送のTBSのドキュメントバラエティー「消えた天才」(日曜後6・30)に全国高校野球選手権大会も歴史の中でも史上最高の守備の名手が出演です!

 

現在プロの第一線で活躍する選手や守備の名手とされたOBでさえ、その実力を称賛する、誰もがプロで活躍すると思っていた選手です。

 

「セカンドに打ってしまえば望みはありません!」のフレーズを聞いて、ピンとくる高校野球ファンも多いかもしれません。

 

その天才選手とは、田友潤さんです。

 

なので、町田友潤さんんのプロフィールと現在について気になって調べてみました。

 

みなさん一緒に確認していきましょう!

スポンサーリンク


 

 

 

8月11日放送のTBS「消えた天才」の内容?

引用元:tbs

8月11日放送のTBSのドキュメントバラエティー「消えた天才」(日曜後6・30)に全国高校野球選手権大会も歴史の中でも史上最高の守備の名手が出演です!

 

現在プロの第一線で活躍する選手や守備の名手とされたOBでさえ、その実力を称賛!

 

誰もがプロで活躍すると思っていた選手です。

 

「セカンドに打ってしまえば望みはありません!」のフレーズを聞いて、ピンとくる高校野球ファンも多いかもしれません。

 

ところが、プロには進まずに野球の道から離れてしまったんです。

 

その天才選手とは、田友潤さんです。

 

一体何があったんでしょうか?

 

町田友潤さんのことが気になって調べてみました。

 

 

 

町田友潤さんの高校時代のプレーは?

常葉学園菊川高校時代の町田選手のプレーは今見てもすごいですね。

 

プロ野球というかメジャー級と評したほうがいい感じです!

 

【町田友潤】こんな高校生ほんまにおったんかい、、史上最高の内野手!!【常葉菊川】


数々のスーパープレーで甲子園の大観衆を魅了した町田さんですが、当初は守備にたけた選手ではなかったらしいんです!?

 

1年秋、センバツ出場をかけた地方大会では実に7つもの失策を記録しています。

 

森下監督が就任したのが、町田選手のプレーを激変させたみたいです。

 

練習時間の半分以上はノックを受けたことで一気に「甲子園史上最高の二塁手」に成長したんですね。

 

 

 

町田友潤さんがプロに行かなかった理由は?

華麗な守備で甲子園を沸かせ、大活躍した町田さんが、その後、プロの道へ進むことはなく、野球の表舞台から姿を消してしまいます。

 

番組では、世界の渡部さんがインタビューするらしいんですが、ちょっとつらい内容ですね。

 

早稲田大学に進学したが、先輩後輩の人間関係が嫌になってという噂はありますが、ご本人は早稲田には感謝しているし、今も付き合っている先輩も多いそうです。

 

ただ当時は若かったこともあり、何か大学特有の空気感が合わなかったのかもしれませんね。

 

肩が弱かったらしいんです。

 

苦手な送球が気になって、補給も思うようにできなくなったんだとか。

 

町田友潤さんの現在は?

ユニホームを脱いだ町田さんは、現在は福祉関係の会社を立ち上げ、多忙な毎日を送るってらっしゃいます。

 

今の仕事と巡り合ったきっかけもまた、野球だったんだとか。

 

センバツで優勝した直後、障害を持っている子と写真を撮ったときに、お母さんが『私たちにも、本当に励みになりました』と話してくれたそうです。

 

その言葉がずっと心の隅に残っていて、いつかは直接障害のある方の役に立ちたいと思っていたそうです。

 

福祉の仕事を続けつつ、いつかは母校で野球の指導に携わるのが今の目標なんだとか。

 

これも近い将来実現しそうな話ですね。

 

 

スポンサーリンク


町田友潤さんのプロフィールは?

 

名前町田友潤(まちだ ともひろ)
生年月日1990年6月21日
出身地静岡県
出身校常葉学園菊川高校 早稲田大学中退
身長167cm
所属元ヤマハ

 

 

  • 2007年、2番バッターとしてチーム起動の中心におり、春の甲子園では優勝、夏の甲子園ではベスト4に進出。

 

  • 2008年、春の甲子園は3回戦で敗退したが、夏は準優勝。

 

  • 早稲田大学(スポーツ科学部)に進学するが、1年で中退。

 

  • 社会人野球のヤマハに入部。

 

  • 2013年、故障で現役を諦めるまでプレーを続ける。

 

 

 

 

「甲子園史上最高の守備の名手」について一般のコメントは?

 

 

A さん
セカンドに打ってしまえば望みはありません!こんな台詞言わせるの改めてスゲェな。

 

B さん
町田君は確か大学中退ですよね。本人や高校の指導者の意向もあると思うが、彼の様に高校時点で既にずば抜けた力のある選手は、即プロに行った方が良いのかもしれない。

 

Cさん
常葉菊川の町田君ですね。甲子園組も懐かしくて良いのだが、地方大会で負けた逸材こそテレビでやって欲しい。町田君じゃ知っている人多いでしょ。

 

D さん
早稲田が潰した天才も、なかなかの数いるぞ

 

Eさん
最近は静岡県の準決勝、決勝と解説してましたよ。今は福祉の仕事立ち上げて頑張ってますね。

 

 

まとめ

8月11日放送のTBSのドキュメントバラエティー「消えた天才」(日曜後6・30)に全国高校野球選手権大会も歴史の中でも史上最高の守備の名手が出演です!

 

現在プロの第一線で活躍する選手や守備の名手とされたOBでさえ、その実力を称賛する、誰もがプロで活躍すると思っていた選手です。

 

「セカンドに打ってしまえば望みはありません!」のフレーズを聞いて、ピンとくる高校野球ファンも多いかもしれません。

 

その天才選手とは、田友潤さんです。

 

なので、町田友潤さんのプロフィールと現在について気になって調べてみました。

 

松坂大輔さんや松井秀喜さんクラスの天才ってすごくないですか!?

 

改めて高校時代のプレーを視て、納得ですね。

 

早稲田大学野球部を辞めたのが、ケガではなく精神的なものだとしたら本当に残念です。

 

最近は、大学へ行くより高校からプロへ進んだほうが大成しているような印象があります。

 

素晴らしい才能が消えていくのは悲しいですね。

 

今後もご活躍を期待しております!

 

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です