歌舞伎町を支える職人たちは?『月曜から夜ふかし』に出演!

まえがき

9月24日放送の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)は、「歌舞伎町を支える職人たちを調査した件」のまとめです!

歌舞伎町と言えば日本一の歓楽街で、居酒屋・キャバクラ・ホストクラブ・風俗店が軒を連ねる場所です。

シャンパングラス、名刺、フォトなどの職人がいるんですね。

なので、どんな「歌舞伎町を支える職人たち」がいるのか気になったので調べてみました。

みなさん一緒に確認していきましょう!

スポンサーリンク


シャンパンタワー職人?

歌舞伎町が静かになった午前中からホストクラブが開店するまでの間にシャンパンタワーを設置するのが仕事だそうです。

引用元:gotham

今回紹介されてたのは、ゴッサムという会社ですね。

一日平均6軒の注文があるそうです。

月に150件から200件の受注があります。

すべて手作業です。

グラスの高さが0.1mm~0.2mm違う時があるので合わせるのが難しいそうです。

昔は結構怖い人も多かったので、2回ぐらい土下座させられたそうですよ。

歌舞伎町と言えば「土下座」でしょうか?

料金は6段50000円~12段180000円ぐらいのようです。

でもホストクラブでお客さんが払うのは最低100万で、300万や500万も当たり前の世界のようです。

すごいですね!

ですから万が一失敗したら大変なことになります。神経を使う仕事のようです。

担当のスタッフの方が歌舞伎町が苦手だそうで、早く帰りたいそうですw

気持ちはわかりますね。

夜シャンパンタワーで盛り上がってるホストクラブ!

オーダーしたのは、綺麗な女性のようです。

職業は風俗だそうです。今回は300万円!

お客さんは8割が風俗の女性だそうです。

コール職人もいるの?

普段はホストですが、マイクパフォーマンスを買われてコール職人をやってる方もいるんですね。

コール職人とはシャンパンタワーを盛り上げるのが仕事だそうです。

コールする人によって盛り上がり方がぜんぜん違うそうです。だから専属のスタッフがやるんですね。

声の質アドリブが上手な人って人気があるそうです。

ですからコール職人になりたい人は必死で練習してるんですね。失敗が許されない世界のようです。

風俗の女性も多いのですが、仮想通貨で儲かった人も多いみたいです。羨ましいですね。

フォト職人は?

キャバ嬢が押し寄せるフォトスタジオとは?

URECCOスタジオ

東京都新宿区歌舞伎町1丁目1−19 同栄新宿ビル4F

魔法をかける職人が揃ってるそうです。

ここでプロフィール写真を撮れば売れるそうです!

「どんな方でもシンデレラ」だそうです。

番組スタッフのAP千光士希和さんに試してもらいました。

胸がない女性でも素敵な胸の谷間が!?

すごい魅力的な写真の出来栄えです。

みんな世の男性はこれに騙されてしまうんですよねw

スポンサーリンク


名刺職人とは?

ホスト・キャバクラ専門の名職人もいるんですね。

高級感を出すために、モコモコの浮き出しにしたり、キラキラの箔押しにしたりするそうです。

松下さんが作る名刺は売れっ子ホストやキャバ嬢には大人気です。

100枚で約2万円だそうです。

華やかな名刺ができあがります♪

松下さんの連絡先は以下になります。歌舞伎町じゃないんですね。

あじと名刺

埼玉県入間市東藤沢1-3-40

TEL:04-2966-0044
FAX:04-2966-0043

夜間専門の薬局は?

ニュクス薬局

東京都新宿区歌舞伎町2-38-1三実ビル1F


営業時間は夜8時から翌朝9時だそうです。

夜の人向けの薬局で、性欲剤関連が多いみたいですね。

夜の特殊なお仕事の方向けの商品も揃ってます。

滋養強壮剤のボトルキープができる!?そんな薬局あるんですね。

まとめ

9月24日放送の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)は、「歌舞伎町を支える職人たちを調査した件」のまとめです!

歌舞伎町と言えば日本一の歓楽街で、居酒屋・キャバクラ・ホストクラブ・風俗店が軒を連ねる場所です。

歌舞伎町で成功するには武器を持ってないと勝負できませんものね。

いろんな職人さんのお世話になって成功しましょう!

今後もご活躍を期待しております♪

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク