ビヨン・ハイバーグが和包丁に興味を持った理由は?「マツコの知らない世界」に出演!




まえがき

今回は、10月16日(火)放送の「マツコの知らない世界」ではマツコさんが、日本人より包丁に詳しいカナダ人ビヨン・ハイバーグさんが登場です。

 

日本の包丁は、和食ブームの影響で海外でも大人気で海外からの観光客のお土産や輸出量も84億円に急増!

 

なので、ビヨンハイバーグさんが和包丁に興味を持った理由や経歴について気になって調べてみました。

 

みなさん一緒に確認していきましょう!

 

スポンサーリンク


 

 

10月16日放送の「マツコの知らない世界」は?

今回は、10月16日(火)放送の「マツコの知らない世界」ではマツコさんが、日本人より包丁に詳しいカナダ人ビヨン・ハイバーグさんが登場です。

 

日本の包丁は、和食ブームの影響で海外でも大人気で海外からの観光客のお土産や輸出量も84億円に急増してるそうです!

 

 

 

 

 

 

ビヨン・ハイバーグさんのおすすめの包丁は?

  • 三徳包丁(ステンレス)堺兼近作 銀三本鍛錬 

 

本鍛錬…原型のない素材を叩いて1本ずつ包丁の形に打ちのばす

 

 

 

 

引用元:twitter

 

切れ味が全然違うみたいですね。力がいらないそうです。

 

  • 多和 ダマスカスVG10 ペティナイフ

オレンジを切ると味が違うみたいです。オレンジがすぐ食べてしまうそうです。

 

 

  • 多和 ハイス鋼 柳刃9寸 47,000円

 

引用元:tbs

 

刺し身は柵で買ってきて刺身包丁でおろしたほうがすごく美味しいですね。表面がなめらかだそうです。

 

  • MAC MK-40 モーニングナイフ

引用元:tbs

朝 1本テーブルにあったら便利です。

 

  • MAC キッズキッチンナイフ 2,138円

引用元:tbs

子供用の安全な包丁です。

 

 

ビヨン・ハイバーグさんはなぜ和包丁に興味を持ったのか?

17歳のときに時代劇「子連れ狼」を視たことで日本の刃物に興味を持ったそうです。

 

デンマークでも「子連れ狼」がやってたんですね。日本の文化にとりつかれたみたいです。懐かしいですね。

 

萬屋錦之介さんの演技も迫力がありました!

 

引用元:twitter

 

拝一刀の刀に興味を持ち、それが包丁に繋がったんですね。

 

 

 

 

ビヨン・ハイバーグさんのプロフィール

引用元:twitter

名前 ビヨン・ハイバーグ

生年月日 1969年

出身 カナダ生まれのデンマーク育ち

 

 


概要
  • 17歳のとき、「子連れ狼」で日本の刃物に興味を持つ

 

  • 23歳のとき、来日してバーテンダーなどの仕事をした後、刃物メーカーに就職する。

 

  • 35歳のとき、実家の刃物コレクションが押収

 

  • 現在は、刃物専門店「TOWER KNIVES OSAKA」3店舗を経営

 

 

 

 

デンマークの法律が変わって、デンマークの実家の包丁が押収されてしまったのがショックだったそうです!

 

大阪の通天閣の近くに2店舗と東京のスカイツリータウンに1店舗あるそうです。

 

 

 

刃物専門店「TOWER KNIVES OSAKA」の場所は?

東京ソラマチ店

住所:〒131-0045東京都墨田区押上1?1?2東京ソラマチイーストヤード4F

 

 

なかなかの商売人でもありそうです。マツコさんにどんどんおすすめしてますね。しっかり目的を持ってお店は伺ったほうがいいかもしれませんw

 

 

引用元:towerknives

 

素敵なお店ですね。通天閣のすぐ近くのようです。

 

タワーナイブズ大阪 刃物工房

住所: 〒556-0002大阪市浪速区恵美須東1-4-7

 

 

 

まとめ

今回は、10月16日(火)放送の「マツコの知らない世界」ではマツコさんが、日本人より包丁に詳しいカナダ人ビヨン・ハイバーグさんが登場です。

 

日本の包丁は、和食ブームの影響で海外でも大人気で海外からの観光客のお土産や輸出量も84億円に急増!

 

なので、ビヨン・ハイバーグさんが和包丁に興味を持った理由や経歴について気になって調べてみました。

 

日本人以上に和包丁に精通しているのは感心しますね。日本人もあまり包丁を研ぐのもしなくなりました。

 

日本の良い文化は残したいですね。

 

ビヨン・ハイバーグさんには今後も包丁の文化をお伝えてほしいですね♪

 

 











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です