マツコが訪れた美術館はどこ?大人も「あそび」に夢中!【夜の巷を徘徊する】




まえがき

9月26日(木)放送の「夜の巷を徘徊する」では、【マツコ美術館でアート作品をつくる】です!

 

今回は、今年リニューアルオープンした江東区の「東京都現代美術館」を徘徊、“遊び”をテーマにした作品を見て回り、子供に交じってお面作りにも挑戦するみたい。

 

なので、マツコさんが訪れた「東京都現代美術館」について気になって調べてみました。

 

みなさん一緒に確認していきましょう!

 

スポンサーリンク


 

 

9月26日放送の「夜の巷を徘徊する」の内容は?

引用元:tv-asahi

 

9月26日(木)放送の「夜の巷を徘徊する」では、【マツコ美術館でアート作品をつくる】です!

 

今回は、今年リニューアルオープンした江東区の「東京都現代美術館」を徘徊、“遊び”をテーマにした作品を見て回り、子供に交じってお面作りにも挑戦するみたい。

 

「東京都現代美術館」は、約3年間の休館を経て、今年リニューアルオープンしたそうです!

 

私も一度だけ行ったことがありますが、ガラッと分ったんでしょうか?

 

館内に入ると、たくさんの親子連れが来場しているみたいです。

 

“遊び”をテーマにした作品の展覧会があるらしいので、それが目的の方が多いみたいです。

 

ちなみに今、開催中の展覧会は「あそびのじかん」だそうです!

 

 

 

 

「あそびのじかん」とは?

あそびのじかん

2019年7月20日(土)~10月20(日)

 

この展覧会では6組の作家による、こどももおとなも楽しめる作品を紹介してます。

 

 

 

芸術と遊びの一体化でしょうか?

 

ゲーム性もあって大人も子供も遊べる空間のようです。

 

タンスが並べられた、ボルダリングができそうな巨大な壁や、試験問題が壁に書かれた迷路のような道、ボタンを投げて台座に乗せる参加型作品など。

 

マツコさんも楽しみながらアートに触れてご満悦のようですw

 

 

 

スポンサーリンク


壁一面にお面が飾られた部屋とは?

マツコさんが、壁一面にお面が飾られた部屋へ入る。

 

作家のタノタイガさんの作品。

 

顔のお面が壁一面にズラリと並ぶ《タノニマス》

 

 

そこでオリジナルのお面が作れるという事で、マツコさんも挑戦してみることに。

 

 

 

マツコさんが物色したミュージアムショップは?

マツコさんは2007年に亡くなられたモデルの山口小夜子さんのファンのようです。

 

小夜子さんの写真集を購入!

 

絵本の品揃えが充実しているようです。

 

他では扱ってない絵本もありそうですね。

 

 

 

マツコさんも共感したのか、なぜか手にとってましたw

 

 

 

東京都現代美術館のレストランは?

東京都現代美術館のレストランは?

 

「100本のスプーン」というレストランがあって、とても評判のようです。

 

 

 

 

東京都現代美術館はどこ?

 

東京都現代美術館

〒135-0022 東京都江東区三好4-1-1(木場公園内)

TEL:03-5245-4111(代表)

 

 

 

 

まとめ

9月26日(木)放送の「夜の巷を徘徊する」では、【マツコ美術館でアート作品をつくる】です!

 

今回は、今年リニューアルオープンした江東区の「東京都現代美術館」を徘徊、“遊び”をテーマにした作品を見て回り、子供に交じってお面作りにも挑戦するみたい。

 

なので、マツコさんが訪れた「東京都現代美術館」について気になって調べてみました。

 

マツコさんも十分に遊べるアートがいっぱいみたいです。

 

もちろん食事処もあって、満足度は高そうですよ。

 

 

マツコさんには今後もご活躍を期待しております!

 

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です