加村一馬さんの経歴と現在は?「洞窟おじさん」が《激レアさん》に出演!




まえがき

4月25日(土) 22時10分~のテレビ朝日系「激レアさんを連れてきた。」は、【43年間野山で原始人生活してた人】です!

 

13歳で家を飛び出したら、そのまま飛び出しっぱなしで43年間野山で原始人生活してた人なんだとか!?

 

一体どんな方なんでしょうか?

 

その方とは、「洞窟オジさん」こと加村一馬さんです。

 

なので、加村一馬さんの経歴と現在について気になって調べてみました。

 

みなさん一緒に確認していきましょう!

 

スポンサーリンク


 

 

4月25日放送の「激レアさんを連れてきた。」の内容は?

4月25日(土) 22時10分~のテレビ朝日系「激レアさんを連れてきた。」は、【43年間野山で原始人生活してた人】です!

 


 

13歳で家を飛び出したら、そのまま飛び出しっぱなしで43年間野山で原始人生活してた人なんだとか!?

 

一体どんな方なんでしょうか?

 

その方とは、「洞窟オジさん」こと加村一馬さんです。

 

加村一馬さんについて気になったので調べてみました。

 

 

スポンサーリンク


加村一馬さんの経歴は?

引用元:hotpepper

名前加村一馬(かむらかずま)
生年月日昭和21年8月31日
出身地群馬県大間々町
身長173cm

 

  • 両親から逃れるため、13歳の時に家出を決意。

 

  • 足尾銅山の洞窟をはじめ、栃木や新潟など転々。

 

  • 現在は社会復帰し、障がい者支援施設に勤務。

 

 

 

 

加村一馬さんのサバイバル生活とは?

2004年にベストセラーとなった「洞窟オジさん」(小学館)です!

 

加村一馬さんの半生を書き綴ったものです。

 

当時13歳だった少年が家出し、57歳で発見されるまでの43年間、人知れず洞窟や森の中で過ごした日々を描いた渾身の一冊です。

 

1946年、終戦直後の群馬県に生まれ、貧しい日々を送る。

 

親からの暴力がすごかったらしく、耐えられなくなって家出を決意したんだとか。

 

8人兄弟のうち、なぜか自分だけがひどく殴られ、棒で突かれ、墓石に縛り付けられて放置されたらしい!?

 

家出して、まずたどり着いたのはもう廃墟に近づいていた足尾銅山だった!

 

その後は、まさにサバイバル生活が始まったみたいです。

 

野山に隠れ、ヘビを食べたりやイノシシに追いかけられたり、様々なサバイバルな経験をされたんですね。

 

そんな生活が、なんと43年も続いたことに驚きを禁じえません!

 

戦後、日本兵が海外のジャングルに潜伏して発見されたニュースもありましたが、まさか日本国内にそんな人が!?

 

詳しくは番組と書籍で確認しましょう♪

 

 

 

 

 

加村一馬さんをモデルにしたドラマは?

リリー・フランキーさんや生瀬勝久さんが出演して、2015年にNHKで放送されたんですね。

 

加村一馬さんの現在は?

現在、加村さんが住んでいるのは、広大な敷地を持つ障害者施設の離れの小屋だそうです。

 

ここに住みながら、施設の用務員として日々、さまざまな仕事を任されているいるんだとか。

 

内容は、ブルーベリー畑の管理をしたり、周りの草刈りをしたり…。

 

今はのんびり余生を楽しんでいると言ったところかもしれません♪

 

 

 

まとめ

4月25日(土) 22時10分~のテレビ朝日系「激レアさんを連れてきた。」は、【43年間野山で原始人生活してた人】です!

 

13歳で家を飛び出したら、そのまま飛び出しっぱなしで43年間野山で原始人生活してた人なんだとか!?

 

一体どんな方なんでしょうか?

 

その方とは、「洞窟オジさん」こと加村一馬さんです。

 

なので、加村一馬さんの経歴と現在について気になって調べてみました。

 

もしかして新型コロナウイルスの影響で大変な今だからこそ、すごい為になるというか参考になる話がいただけるかもしれません!?

 

詳しくは番組で確認しましょう。

 

今後もご活躍を期待しております!

 

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です