今泉健司4段の経歴は?凡人、天才に勝つ!【逆転人生】




まえがき

5月13日放送のNHK「逆転人生『凡人、天才に勝つ 遅咲き棋士の大勝負』」が、8月23日に再放送されるそうです!

 

史上最年長41歳でプロ入りした遅咲きの棋士です。

 

そんな今泉健司四段が、藤井聡太七段に勝利した様子を映したドキュメントです。

 

なので、今泉健司四段について気になって調べてみました。

 

みなさん一緒に確認していきましょう!

スポンサーリンク


 

 

 

NHK「逆転人生『凡人、天才に勝つ 遅咲き棋士の大勝負』」再放送!

今回のゲストは、プロ将棋棋士4段の今泉健司さんです!

 

史上最年長41歳でプロ入りした遅咲きの棋士です。

 

そんな今泉健司四段が、藤井聡太七段に勝利した様子を映したドキュメントです。

 

今泉健司四段がは、自らを凡人と語る。

 

課題は精神面にあったようですが、それを打ち破ることができたきっかけは、意外にも介護士として働いた経験だそうです。

 

 

 

 

スポンサーリンク


今泉健司四段のプロフィールは?

引用元:shogi

 

 

名前今泉 健司(いまいずみ けんじ)
生年月日1973年7月3日
出身地愛知県豊橋市生まれ、広島県福山市出身
師匠桐谷広人七段

 

  • 1987年9月、中学2年で関西奨励会編入。

 

  • 1999年、第25回三段リーグで26歳の年齢制限を迎え、奨励会を退会する。

 

  • 2003年、アマ竜王戦準優勝により参加した第16期竜王戦では、プロ棋士を立て続けに破り、ベスト8に進出。

 

  • 2006年、3つのアマチュア棋戦で優勝。

 

  • 2007年、三段編入試験の第一号の適用者となる。

 

  • 2007-2008年、奨励会三段リーグに参加したが、四段に昇段することはできず、規定により退会。

 

  • 証券会社に勤めた後、地元福山市で介護職として働く。

 

  • 2013年、第26期竜王戦では、またもやプロ棋士3人に勝ち、10年ぶりにベスト8に進出。

 

  • 2014年6月8日、朝日アマ名人戦で初優勝し、史上2人目のアマタイトル大三冠を獲得。

 

  • 2015年4月1日、編入試験で3勝目を挙げ、プロ四段となる。

 

  • 2016年、直近30局の対戦成績を20勝10敗(勝率.667)とし、順位戦C級2組への昇級を決める。

 

  • 2018年度、第68回NHK杯テレビ将棋トーナメントで本戦に初出場、1回戦で藤井聡太を破り、「史上最年長で棋士になった今泉が、史上最年少で棋士になった藤井聡太を撃破」と話題を呼ぶ。

 

 

 

 

凄い優しい方のようですね。

 

 

↑↑こちらが自慢の将棋本です!

 

 

 

 

 

まとめ

5月13日放送のNHK「逆転人生『凡人、天才に勝つ 遅咲き棋士の大勝負』」が、8月23日に再放送されるそうです!

 

史上最年長41歳でプロ入りした遅咲きの棋士です。

 

そんな今泉健司四段が、藤井聡太七段に勝利した様子を映したドキュメントです。

 

なので、今泉健司四段について気になって調べてみました。

 

何度も挫折を経験しながらも諦めなかった精神力は素晴らしいですね。

 

「将棋が好き」が全てかもしれません。

 

今後もご活躍を期待しております!

 

 

 

↑↑こちらが興味深い本です!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です