マツコを案内してくれた髭の神父は誰?東京カテドラル聖マリア大聖堂を徘徊




まえがき

2月7日(木)放送の「夜の巷を徘徊する」ではマツコさんが文京区関口にある教会「東京カテドラル 聖マリア大聖堂」を徘徊する!

 

髭の神父さんの案内で荘厳な大聖堂を見学します。オルガン奏者の方に、目の前でパイプオルガンの演奏をしてもらいます。

 

なので、「東京カテドラル 聖マリア大聖堂」と髭の神父さんについて気になって調べてみました。

 

みなさん一緒に確認していきましょう!

 

スポンサーリンク


 

 

2月7日放送の「夜の巷を徘徊する」は?

2月7日(木)放送の「夜の巷を徘徊する」ではマツコさんが文京区関口にある教会「東京カテドラル 聖マリア大聖堂」を徘徊する!

 

髭の神父さんの案内で荘厳な大聖堂を見学します。

 

建築としてもすごい価値のある建物だそうです。

 

マツコさんが敬愛している丹下健三氏が設計したんだとか。

 

さらにオルガン奏者の方に、目の前でパイプオルガンの演奏をしてもらいます。

 

ミケランジェロの「ピエタ」の原物大の複製があるんですね!

 

ちなみに本物はバチカンのサン・ピエトロ大聖堂にあります。

 

さすがミケランジェロですね!

 

洗礼盤もすごい芸術的です!

 

 

 

 

案内してくれた髭の神父さんは?

マツコさんを案内してくださった神父さんはすごい偉い人みたいです。

 

関口教会の主任司祭をされてる西川神父です。

 

なんか絵になりますね!

 

ヨーロッパの歴史的な教会をイメージしますが、現代的な建築の教会もシンプルで素敵ですね。

 

その教会を守ってる方です。

 

一度足を運びたくなりましたね。

 

神社仏閣もいいんですが、教会も心を清めるにはいい場所のように思います。

 

あまり宗教にこだわらないのが日本人のいいところかもしれません。

 

失礼がありましましたらお許しください。

 

聖堂は、祈りの場所ですので、静けさが保てないと困るそうです。

 

大声で話したり、ストロボを使って写真を撮ったりしている方がいるんだとか。

 

短パンにランニングシャツという姿も見かけるそうです。

 

ヨーロッパの教会ではよく注意されますよね。

 

西川神父は注意するのをためらってるのが現状のようです。

 

でもみなさん気をつけましょうね。

 

どことは申しませんが海外からの観光客に多いみたいです。

 

スポンサーリンク


 

 

丹下健三氏の建築

東京カテドラル聖マリア大聖堂は、マツコさんも尊敬する丹下健三氏の建築です。

 

引用元:cathedral

 

現代的な建物ですね。

 

いかにも丹下さんらしい建築です。

 

シンプルでいて壮大な建築。

 

引用元:cathedral

 

素晴らしい構内ですね。

 

厳かで静寂が伝わってきます。

 

最も有名なローマにある「サン・ピエトロ大聖堂」は使徒ペトロを記念して捧げられた聖堂です。

 

東京カテドラル関口教会聖マリア大聖堂は、無原罪の聖マリアを記念して捧げられた聖堂です。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ

2月7日(木)放送の「夜の巷を徘徊する」ではマツコさんが文京区関口にある教会「東京カテドラル 聖マリア大聖堂」を徘徊する!

 

髭の神父さんの案内で荘厳な大聖堂を見学します。オルガン奏者の方に、目の前でパイプオルガンの演奏をしてもらいます。

 

東京でこんな素晴らしい教会があったんですね。

 

ついつい結婚式ばかりに気を取られますが、もともと教会は祈りを捧げる場です。

 

見学しにいってみるのもいいですね。

 

今回は食べ物はなしですw

 

たまにはそんな回があってもいいですね。

 

マツコさんには、今後もからだに気をつけてご活躍を期待したいです♪

 

 









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です