洞口依子の若い頃と現在は?子宮頸がんとの壮絶な闘いとその後は?【爆報】




まえがき

3月1日のバラエティ番組『爆報!THE フライデー』にの女優の洞口依子さんが出演するそうです!

 

1990年代、個性的な演技と美貌で人気を博したましたよね。今でもファンの人も多いのでは?

 

今、決意のカミングアウト! 何を?

 

なので、洞口依子さんの経歴や若い頃とカミングアウトについて気になって調べてみました。

 

みなさん一緒に確認していきましょう!

スポンサーリンク


 

 

3月1日のバラエティ番組『爆報!THE フライデー』は?

3月1日のバラエティ番組『爆報!THE フライデーに女優の洞口依子さんが出演するそうです!

 

1990年代、個性的な演技と美貌で人気を博したましたよね。今でもファンの人も多いのでは?

 

今、決意のカミングアウト!

 

突然、足が異常に膨れ上がる謎の病にかかっていたんです!

 

その裏には壮絶な子宮頸がんとの闘いがあったんだとか。

 

なんか話を聞くだけでも辛くなりそうです。

 

でも洞口依子さんを知る人はわかりますよね!?

 

今の洞口依子さんに迫ります!

 

 

洞口依子さんの現在は?

番組では、赤く髪を染めてショートなヘアスタイル。

 

2004年に子宮頸癌を発病し、闘病生活に入ったんですね。

 

子宮と卵巣の全摘出手術を受ける。

 

術後の後遺症における過酷な闘病を自身のブログに赤裸々に語る。

 

体の不調の始まりから復帰するまでの、格闘の様子をまとめた著書『子宮会議』(小学館2007年)を発売する。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

子宮会議 (小学館文庫) [ 洞口依子 ]
価格:514円(税込、送料無料) (2019/3/1時点)

楽天で購入

 

 

 

 

イベントなどで予防の為の検査をするよう呼びかけているそうです。

 

でもなかなか子宮頸がんワクチンについては反対する人たちもいて足踏みしてるようです。

 

正確な情報がほしいですね。情報が交錯して何が正しいのかわからない状況のようです。

 

闘病生活において沖縄で長期療養してたそうです♪

 

沖縄での生活が欠かせないものであったそうなんです。

 

やはり東京都は違うのんびりした空気が体にはいいのかもしれませんね。

 

ただ気になるのは、3年前に「リンパ浮腫」を発症したそうです。

 

左脚が水風船がたまるみたいにむくみ、リンパ液が上に上がらず、どんどん下にたまってしまうそうです。

 

一度発症すると完治は困難だそうで、悪化させないためにリンパ浮腫専門のリハビリに通っているんだとか。

 

病院から薦められた弾性ストッキングを常用していますが、とにかく圧が強力で、とてもはきにくいそうです。

 

医療用なので1足数万円もするんだそうです!

 

「生と死は表裏一体」

 

今は生きている時間の貴さを深く感じられるそうです。

 

生きていることをもっと楽しみたいと、心から思うんだとか。

 

なんか勇気をいただけますね!

 

最後は、サーフィンをやってる姿が印象的でしたね!

 

笑顔で病気を感じさせないパワー!

 

見てるだけで力をもらえますね♪

 

 

 

洞口依子さんの若い頃は?

可愛くてちょっと小悪魔的な魅力があります。

 

加賀まりこさんみたいな感じだったのかなぁ?

 

引用元:twitter

 

眼力がすごいですね。女優として魅力的です♪

 

引用元:twitter

 

伊丹十三監督の評価が高かったみたいですね。

 

 

黒沢清監督『タイムスリップ』のシーンです。

 

過去に戻りたい?

 

 

さすが女優、絵になりますね♪

 

沖縄でしょうか?

 

景色を見てるだけでも癒やされそうですね~

 

 

スポンサーリンク


 

洞口依子さんのプロフィール

引用元:t-poche

名前 洞口 依子(どうぐち よりこ)

本名 葛西 依子(かさい よりこ)

生年月日 1965年3月18日

出身 東京都武蔵野市

所属 テアトル・ド・ポッシュ


 

  • 1980年、高校時代に、『週刊朝日』11月7日号の表紙となる。

 

  • EPICソニー・スターメイキングコンテストで優勝する。

 

  • 1983年、雑誌「GORO」の「激写」モデルとして芸能界デビューする。

 

  • 1985年、映画『ドレミファ娘の血は騒ぐ』(黒沢清監督、伊丹十三と共演)に主役として初出演。

 

  • 1986年、『女の人さし指』(久世光彦演出)でテレビドラマ初出演。

 

  • 1997年、『ふぞろいの林檎たちIV』などで一躍人気となる。

 

  • 2004年、子宮頸癌を発病し、闘病生活に入る。

 

  • 2006年、ネットシネマ『マクガフィン』にて復帰する。

 

  • 2009年11月7日、渋谷の映画館にて「洞口依子映画祭」が開催される。

 

  • 2016年、沈黙 -サイレンス-(マーティン・スコセッシ 監督)に出演。

 

  • 2018年、特捜9(テレビ朝日)- 大屋千鶴 役で出演。

 

個人的には『ふぞろいの林檎たちIV』が印象深いですね。

 

 

 

洞口依子さんの夫は?

1997年、NHKのディレクターの男性と結婚してます。

 

闘病生活では、ご主人の存在が大きかったみたいです。

 

ご主人も洞口さんを本当に愛してるんですね♪

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ

3月1日のバラエティ番組『爆報!THE フライデーに女優の洞口依子さんが出演するそうです!

 

1990年代、個性的な演技と美貌で人気を博したましたよね。今でもファンの人も多いのでは?

 

今、決意のカミングアウトとは何でしょうか?

 

壮絶な子宮頸がんとの闘いについては知っている人も多いかもしれません。

 

突然、3年前に足が異常に膨れ上がる謎の病にかかったんだそうです!

 

「リンパ浮腫」です。

 

しかし、洞口依子さんは前向きの病気と向き合っています。

 

そして時間の尊さを実感し、生きていることをもっと楽しみたいと語ってます。

 

すごい勇気をいただけますね。

 

時間も無駄にできない。いろんなことを気づかせてくれましたね♪

 

今後もご活躍を期待しております!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です