アリアナ・グランデの胸触る! アレサ・フランクリン葬儀の司会は誰?




今回は、「ソウルの女王」として知られた歌手アレサ・フランクリンさんの葬儀で司会を務めた黒人男性の牧師が、歌手アリアナ・グランデさんの胸を触っているのではないかと問題に!

 

なので、その黒人男性の牧師がだれなのか気になって調べてみました。

 

みなさん一緒に確認していきましょう!

 

スポンサーリンク


 

 

黒人牧師が米歌手アリアナ・グランデさんの胸を触った疑い!?

ソウルの女王」として知られた歌手アレサ・フランクリンさんの葬儀で司会を務めた黒人男性の牧師は誰なの?

 

しかも人気歌手アリアナ・グランデさんの胸を触っているのではないかとの疑惑も?

 

 

どうみても胸を「ギュッ」としてる感じがしますね。

 

これを視たファンから批判が殺到したそうです。

 

結局この牧師は、「なれなれしくしすぎた」として謝罪しました。

 

またアリアナ・グランデさんをファストフードチェーンの「タコベル」のメニューにありそうだとジョークを飛ばしてましたね。

 

これについても謝罪するはめに。

 

いったいこの人はどんな人なのか気になりますね。

 

 

アレサ・フランクリンさんの葬儀で司会を務めた黒人男性の牧師は誰?

アレサ・フランクリンさんの葬儀で司会を務めた黒人男性の牧師は誰?

 

この牧師の名前は、チャールズ・H・エリス3世だそうです。

 

見た目はミュージシャンか芸能人のようですが、牧師なんですね。

 

この方は、「ソウルの女王」アレサ・フランクリンさんの葬儀の司会をやるぐらいですからそれなりに立派な方のようです。

 

アレサ・フランクリンさんの家族とは長年の友人だそうです。

 

アレサ・フランクリンさんが亡くなる前の苦しい時期に精神的に支えてたみたいです。

 

アレサ・フランクリンさんの長男がチャールズ牧師と同じ学校に通ってたそうで、もう長いお付き合いのようですね。

 

牧師ですから社会的にも尊敬される立場の方だけにすごい残念です!

 

「ハグ」という文化の違いもありますので、日本人にはわかりにくいのですが、アメリカ人からしてもあまりにもヒドイ行為のようです。

 

 

チャールズ・H・エリス3世のプロフィール

名前 チャールズH.エリス3世

生年月日 1958年7月8日

出身地 ミシガン州デトロイト

出身校 ウェイン州立大学

宗派 ペンテコステラル(Pentecostalism)

 


  • 1996年、エリスは父親デイビッド・エル・エリスの死によってグレーター・グレース寺院のリーダーになる。

 

  • 2008年、エリス司教とグレースグレイス寺院は、自動車産業の危機が継続していることを理由に、「自動車労働者のための祈りの日」を呼びかけました。

 

  • 2010年、エリスは世界のペンテコステ組合の第10回司教ビショップとして選出される。

 

エリス牧師のグレーター・グレース寺院は、ドラマチックなゴスペルで有名だそうです。アレサ・フランクリンさんも生前は歌ってたのかもしれません。

 

 

スポンサーリンク


 

 

「黒人牧師が米歌手アリアナ・グランデさんの胸を触った疑い」について一般のコメントは?

アリアナ・グランデさんのコメントはないそうですが・・・。

 

 

A さん
どう見ても触ってますが!

 

B さん
離れようとしてるように見えるし、目が明らかに警戒してる感じがします。

 

Cさん
偏見かもしれないけど、教師や牧師には変態や多少変わり者が多いと思います。
小学校中学校時代、ロリコン先生多かったなー。

 

D さん
立派なセクハラですね。

 

Eさん
フランク過ぎる!

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

今回は、「ソウルの女王」として知られた歌手アレサ・フランクリンさんの葬儀で司会を務めた黒人男性の牧師が、歌手アリアナ・グランデさんの胸を触っているのではないかと問題に!

 

なので、その黒人男性の牧師がだれなのか気になって調べてみました。

 

文化の違いでは理解できないくらいのハグですね。

 

アリアナ・グランデさんには今後もご活躍を期待したいです♪

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です