瀬古利彦の因縁のライバルとは?モスクワ五輪の金メダリスト!【あいつ今何してる?】




まえがき

2月6日のテレビ朝日系「あいつ今何してる?」は、「マラソン瀬古の因縁のライバルと衝撃再会」だそうです!

 

1980年のモスクワ五輪ボイコットが影響は大きかったようです。

 

なので、瀬古さんの因縁のライバルとは誰なのか気になって調べてみました。

 

みなさん一緒に確認していきましょう!

 

スポンサーリンク


 

2月6日の「あいつ今何してる?」の番組内容は?

2月6日のテレビ朝日系「あいつ今何してる?」は、「マラソン瀬古の因縁のライバルと衝撃再会」だそうです!

 

1980年のモスクワ五輪ボイコットは大きな問題になりましたね。

 

スポーツと政治は違う!?

 

なかなか難しい問題でした。今はなきソ連のモスクワでしたから。

 

ソ連がアフガニスタン侵攻が米ソの対立を激化させました!

 

オリンピックが単なるスポーツの世界大会ではないことがわかりましたね。

 

個人の戦いであると同時に、国と国の戦いでもあるんです。

 

そんなモスクワ五輪ボイコットの影響でオリンピックに出れなかった選手が大勢いました。

 

其の中にマラソンでは瀬古利彦選手、柔道では山下泰裕選手が金メダル候補で話題になって記者会見してましたね。

 

もう39年前です、思い出しますね。

 

引用元:tv-asahi

 

出場してたらモスクワオリンピックで優勝した瀬古選手かもしれません!?

 

金メダルを獲得したのは誰でしょうか?

 

それは瀬古利彦選手の因縁のライバルです。

瀬古利彦選手の因縁のライバルは?

1980年のモスクワオリンピックのマラソンで金メダルを獲得したのは誰でしょうか?

 

優勝したのは、東ドイツのワルデマール・チェルピンスキー選手です。

 

引用元:wikipedia

 

1976年モントリオールオリンピックの男子マラソンでも、世界最強のフランク・ショーター(アメリカ)に五輪新記録で勝利して話題になりました!

 

フランク・ショーター選手は当時マラソンのスター選手で有名でしたね。

 

そのフランク・ショーターを破ったのがチェルピンスキー選手です。

 

でもチェルピンスキー選手はその後は鳴かず飛ばずの成績だったみたいです。

 

その頃世界大会を席巻したのが日本選手です!

 

瀬古選手や宗茂選手・宗猛選手でした。もちろん日本のメディアは金メダルをもう獲ったかのごとく報道してました。

 

そんな中、モスクワオリンピックのボイコットが決まったわけですから大騒ぎです。

 

モスクワオリンピックでは、パットしなかった成績のチェルピンスキー選手が優勝したんです。

 

オリンピック2連覇です!

 

1984年ロサンゼルスオリンピックは?

1984年のロサンゼルスオリンピックは逆に共産圏の国々はボイコットします。

 

そのせいでチェルピンスキー選手はロサンゼルスオリンピックには出場できませんでした。

 

夢の3連覇はならなかった。

 

瀬古選手や日本選手にはチャンス到来のはず!?

 

実際柔道の山下選手は金メダルを獲得して大喝采を浴びましたね♪

 

当然、瀬古選手も金メダルが期待されてましたが…。

 

その結果は!?

 

オリンピック本番では、先頭集団につけていたものの、35km手前でずるずると後退し始めます。

 

優勝したカルロス・ロペス選手から5分近く遅れた14位という惨敗に終わります。

 

日本勢最高位は宗猛選手の4位でしたね。なんとか面目を保ってくれました。

 

期待が大きかったので、がっかりしたのを覚えています。

 

 

スポンサーリンク


 

 

ワルデマール・チェルピンスキー選手の現在は?

瀬古選手は、監督をしたり東京オリンピックのマラソン強化戦略プロジェクトリーダーを務めて活躍してます。

 

ワルデマール・チェルピンスキーさんは今そうしているんでしょうか?

 

引用元:tv-asahi

 

今はドイツでスポーツ用品店を営んでいるそうですよ。

 

大選手なのにマラソン会の要職についていてもおかしくないですよね!?

 

瀬古選手でさえ就いてるんですからw

 

おそらくこれも東西ドイツが統合されたことが大きく影響してるんではないでしょうか。

 

チェルピンスキー選手は東ドイツの選手でしたから、スポーツの世界では統合後は阻害された可能性はありそうです。

 

その辺の事情までは話してくれないでしょうかね?

 

 

まとめ

2月6日のテレビ朝日系「あいつ今何してる?」は、「マラソン瀬古の因縁のライバルと衝撃再会」だそうです!

 

1980年のモスクワ五輪ボイコットが影響は大きかったようです。

 

マラソン瀬古の因縁のライバルは誰でしょうか?

 

モスクワオリンピック金メダリストのワルデマール・チェルピンスキー選手です!

 

今はドイツでスポーツ用品店を経営されてるそうです。意外ですね。

 

今後のご活躍をお祈りしております!









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です