SASUKEのプロフは?15歳の超天才アーティストが『しゃべくり007』に出演!




まえがき

フィンガードラマー・トラックメイカー・SASUKEさんが、4月29日放送の日本テレビ系『しゃべくり007』に出演します!

 

15歳の天才アーティストのSASUKEさんです。

 

スタジオでパフォーマンスを披露してくれます。

 

なので、SASUKEさんのプロフィールやインスタについて気になって調べてみました。

 

みなさん一緒に確認していきましょう!

 

スポンサーリンク


 

 

4月29日の「しゃべくり007」の番組内容は?

フィンガードラマー・トラックメイカー・SASUKEさんが、4月29日放送の日本テレビ系『しゃべくり007』に出演します!

 

引用元:ntv

 

15歳の天才アーティストのSASUKEさんです。

 

スタジオでパフォーマンスを披露してくれます。

 

気になったので調べてみました!

 

「平成終わってるよ」は?

なかなか面白いMVですね。

 

 

音楽的にもポップな感じとラップが混じっていい感じです♪

 

メッセージ性はどうなんでしょう?

 

軽い感じみたいですね。

 

アーティスト系の音楽のようです。

 

先日、尾崎豊さんの命日で、特集番組がありました。

 

強烈なメッセージがありましたね!

 

これが令和らしい音楽なのかも!?

 

 

SASUKEさんのインスタは?

大人に混じってというか、リードして演奏しているんです。

 

さすが天才と言っていいんじゃないでしょうか!

 

 

View this post on Instagram

 

5月30日にリキッドルームでBuffalo Daghterさんのライブに出演させていただきます‼️ 3月22日から配信されている僕がリミックスさせてもらった「Elephante Marinos」を一緒に演奏させていただきます😆 今日は初めての音合わせをしてきました!僕はいつも一人で曲を作って一人でライブをしているので、今回リハでみんなと合わせて考えたり演奏したりすることが新鮮で楽しかったです!ありがとうございました❗️ zAkさんのスタジオもヤバかった!僕の好きな機材がいっぱいで帰りたくなかったです😭 本番が凄く楽しみです✨ @buffalodaughter #buffalodaghter #SASUKE

Sasuke Haraguchiさん(@sasukeharaguchi)がシェアした投稿 –

 

昔で言えば、坂本龍一さんや小室哲哉さんが重なって見えますね。

 

 

 

View this post on Instagram

 

・ ・ 新しい学校のリーダーズ with SASUKE! ・ #レア写真

Sasuke Haraguchiさん(@sasukeharaguchi)がシェアした投稿 –

 

学ランを着ると、途端に普通の学生になりますねw

 

女性には気を付けてくださいね!

 

 

スポンサーリンク


SASUKEさんのプロフィール

引用元:instagram

名前原口沙輔
生年月日2003年5月21日
出身地愛媛県松山市
所属SKOOP

 


 

  • 最初はお父さんのパソコンにGarageBand(ガレージバンド)というトラックを組み合わせて作曲できるアプリを使って、6歳の頃からそれを使って遊び感覚で作る。

 

  • 学校4年生のときにNATIVE INSTRUMENTS (ネイティブ・インストゥルメンツ)の MASCHINを使って作曲。

 

  • 今はNative Instruments(ネイティブ・インストゥルメンツ)のMASSIVEというシンセサイザーのソフトとMIDIキーボードを使って制作。

 

 

SASUKEさんのFM番組は?

 

interfm897で番組をもっているそうです♪

 

 

人気の渡部さんの番組にゲスト出演!

 

 

こんな楽器で音楽を創り出すんですね。

 

まとめ

フィンガードラマー・トラックメイカー・SASUKEさんが、4月29日放送の日本テレビ系『しゃべくり007』に出演します!

 

15歳の天才アーティストのSASUKEさんです。

 

スタジオでパフォーマンスを披露してくれます。

 

なので、SASUKEさんのプロフィールやインスタについて気になって調べてみました。

 

もうFM番組ももってるし、活動も本格化しているみたいです。

 

才能をいかんなく発揮していってほしいですね。

 

音楽の世界で成功する人はほんの一握りです。

 

そんな中、若干15歳の才能が認められるなんてすごいですよね。

 

まさに令和の時代のミュージシャンかもしれません。

 

今後もご活躍を期待したいですね!

 

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です